切りにくいブドウやプチトマトもきっちり半分にカット! 手を切る心配もない | Slice X(スライス・エックス)

admin

slice X 11.jpg

Slice X(スライス・エックス)は、細かい、数の多い野菜やフルーツでも簡単で安全に、そしてしっかりと半分にカットできるX型のまな板です。

発案者は、料理の中では食材を切ることが好きという、イタリア系の家系で育ったアメリカ人男性です。

使い方

最近ではインスタ映えするものが流行っています。SNSなどで作った料理をアップしている人も多く見かけますね。

どうせ料理をするなら見た目もおいしそうな料理を作りたいものですが、まずしなければならないのは「食材を切る」ことです。

でもこれが意外とひと仕事ですよね。大きなものを大雑把に切るだけなら簡単かつすぐに終わります。しかしプチトマトのように小さいものを何度も切るのは、時間がかかります。

slice X 3.jpg

そこで生み出されたのが、このSlice Xです。

Slice Xがあれば、普通のまな板では切りにくいプチトマトでもブドウでも、簡単にスパッと半分に切ることができますよ。

slice X 4.jpg

まな板というと1枚の板を想像すると思いますが、スライス・エックスは2枚の板をX形に組み立てて使います。
板自体もコンパクトなサイズなので、場所も取りません。

slice X 5.jpg

使い方も簡単です。まずはX(エックス)形に組み立てたスライス・エックスに、切りたい食材を乗せます。

slice X 6.jpg

後は溝に沿ってひと切するだけです。種類の異なった食材を一度に一緒に切ることもできますよ。

slice X 7.jpg

野菜やフルーツ以外にも、トッピングなどに使うナッツも簡単に細かくすることができます。
エックス形の溝に食材を置くので安定し、ストッパーも付いているので、手を切る心配も、食材が飛び散る心配もありません。

slice X 8.jpg

食材によっては、小さな子供や年配の方にはそのままだと食べにくかったり、喉に詰まらせる危険がある食材もあります。

そんな時も、スライス・エックスで小さくカットすれば、安心して食べてもらえますよね。
数が多くカットしなければならないブドウやオリーブであっても、スライス・エックスならあっという間に用意できます。

slice X 9.jpg

再利用できるエコ素材で、包丁の刃にも優しいんです。お手入れも水洗いすればいいだけの手間いらずで、食洗機にも対応しています。

slice X 10.jpg

まとめ

ちょっとしたアイデアで、これまでに普通に使われていた物がさらに便利になることってありますよね。
スライス・エックスを使って、簡単に手早く、見た目にもおいしそうな料理を楽しく作ってみてくださいね。

 

お値段は$14+送料$25で$35(約3,810円)です。
2018/02/16まで支援受付中です。

https://www.kickstarter.com/projects/1378602135/slicex-a-new-kind-of-kitchen-cutting-board

 

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons