自転車のホイールに非接触で発電するライトが、ブレーキライトとウインカーまで実現 | Magnic Microlights(マグニック・マイクロライト)

admin




Microlights1.jpg

Magnic Microlights(マグニック・マイクロライト)は、自転車のライトです。ホイールに非接触で発電するので充電不要です。さらにブレーキライトとウインカーまで実現しています。

開発元はドイツです。

使い方

こちらがMagnic Microlightsです。非常にコンパクトな自転車のヘッドライト、テールライトです。

ライトの後ろに細長いゴムがついていますが、実はこれはブレーキシューです。

Microlights3.jpg

Magnic Microlightsは、自転車のブレーキの部分に取り付けます。自転車についているブレーキを固定具ごと外し、Magnic Microlightsに置き換えます。

Microlightsは前述の通りブレーキシューを内蔵しているので、このままブレーキシューとして使えます。

Microlights14.jpg

あとはホイールを回せば自動的にライトがつきます。バッテリーは搭載しておらず、ホイールの回転で発電してライトが点灯します。そのため充電不要です。

さらにホイールとMicrolightsは接触していません。非接触で発電します。接触による摩擦がないので、接触型の発電機より抵抗が少なくなります。

Microlights15.jpg

同じ開発元の別モデルですが、ホイールとライトの間にトランプを通すデモも行っています。接触していないので間にトランプを通せますが、それでもライトがついています。

ライト側には磁石がついており、磁場を作っています。その磁場の中でホイールのような金属を動かすことで、電流を発生させています。

Microlights17.jpg

こういった非接触発電の自転車ライト自体は以前からありました。今回の開発元も、2012年に非接触発電ライトをKickstarterに載せています。

Microlights18.jpg

他の会社も、非接触発電ライトを作っています。

タイヤ完全非接触で発電する自転車用ライト | NEO(ネオ)

今回のMagnic Microlightsが違うのは、ブレーキシューを置き換えるという部分です。しかしなぜそんなことをするのか? 何の得があるのか?

その点についてMicrolightsはおもしろい機能を備えています。下の写真は自転車で走行しており、Microlightsが点灯しています。自動車のテールランプのような状態です。この状態からブレーキレバーを握ります。

Microlights5.jpg

するとライトが明るくなりました。ブレーキランプとして、ブレーキをかけた時だけ明るくなるようになっています。

ブレーキレバーやブレーキの配線を変えることなく、ブレーキランプを実現できるというのがブレーキ一体型にしたメリットの一つです。

Microlights6.jpg

もう一つはウインカー機能です。右のブレーキレバーを2回握ります。実際にブレーキシューがホイールに接触するまで握る必要はないので、減速はしなくてもこの操作は可能です。

Microlights7.jpg

すると右のテールランプが消えました。

Microlights8.jpg

その直後にまた点きました。ランプが点滅することにより進路を示すという、自動車のウインカーに相当することができるようになっています。

別途新たにウインカー用のスイッチを増設することなく、Microlightsをとりつけるだけでできる、というところが特徴です。

Microlights9.jpg

一見すると単純そうにも見える機能ですが、実はそうでもないです。例として、左のブレーキレバーを2回握ってウインカーを使うとします。左を握ると前輪のブレーキが動きますが(ママチャリと違って左が前輪ブレーキです)、後輪ブレーキは動きません。そのため後輪のライトから検知できません

そこでBluetoothを使って、自転車に取り付けているMicrolights間で無線通信を行っています。前輪ブレーキがウインカー発動を検知すると、それを無線で後輪のMicrolightsにも伝えます。そして前後両方のライトで、左側のウインカーを点灯させます。

Microlights11.jpg

Microlightsにとりつけるブレーキシューは専用のものではなく、一般的なものと互換性があるとのことです。

Microlights4.jpg

またStandlightモデルは、自転車が止まっている間も3分間だけ点灯できるように、電力をためるコンデンサーがついています。

リチウムイオンなどのバッテリーを積まずにコンデンサーにしているのは、バッテリーだと充電と消費を頻繁に繰り返すと劣化するからとのことです。

Microlights19.jpg

まとめ

お値段は、前輪又は後輪の左右セット(Standlight set)が€38+送料€14で、€52(約7,000円)です。€38のセットは左右両側が点灯します。
片側だけ点灯する€19のセットや、前輪後輪のセットもあります。

2018/2/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/dynamodirk/magnic-microlights-non-contact-driven-brake-shoe-b

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons