重さはたったの13グラム。小さすぎて押すのがつらい携帯電話 | Zanco tiny t1(ザンコ)

admin




Zanco1.JPG

Zanco tiny t1(ザンコ)は、高さわずか4cmしかない、指先でつまめる携帯電話です。

使い方

Zanco tiny t1は携帯電話です。しかし大きさが1ポンド硬貨と同程度と、とても小さいです。

Zanco2.jpg

手のひらに置くとこのぐらいです。高さ4.6cm、はば2.1cm 厚み1.2cmです。重さはたったの13グラムです。

Zanco4.jpg

とても小さいですが、もちろんちゃんと携帯電話として電話をかけることができます。街頭で実際に使ってもらったところ、なんだこれはと思いつつも、しっかり通話できていて驚いた、という感じです。

Zanco16.jpg

音声だけでなくSMSによるテキストメッセージも一応送受信することができます。ただし表示画面がとても小さいので、これで複雑なメッセージを送ることは実質的に不可能です。画面解像度はたったの64×32ドット、大きさは0.49インチです。

重さが13gしかないかわりに、画面解像度もぎりぎり最小限です。SMSは送れますが、インターネットに接続などはできません。もっとも接続したところで、この画面では何もできませんが。

Zanco11.jpg

今回のZanco tiny t1の前に、Zanco Flyという小型携帯電話がありました。下の写真で右側に写っているものです。左側のtiny t1に比べると大きいですが、それでもかなり小さいです。

商談をしているときに、Zanco Flyを見た人が「このFlyより小さい携帯電話って作れるのかな?」と冗談で言いました。するとZancoの創業者は「たぶん半分のサイズにできる」と答えました。きっかけとしては冗談だったのですが、最終的に今回のtiny t1が製作されました。

Zanco10.jpg

非常に小さいのでズボンのポケットの中にも余裕で入ります。むしろポケットの中で迷子になりそうなぐらいです。

Zanco13.jpg

ジョギングするときにスマートフォンが揺れると邪魔です。Zanco tiny t1なら小さいので、簡単に体に固定することができます。

Zanco14.jpg

あるいはガジェットマニアへのプレゼントにも・・。普通の人がもらっても使い方に困るかもしれませんが、ガジェットマニアなら有効活用してくれそうです。

Zanco12.jpg

充電はMicroUSBです。

電波はGSMのみに対応しています。GSM方式は日本では使われていないので、日本では通話もSMSも使うことができません。海外では今でもGSMのバンドが使えることが結構あります。

Zanco7.png

小型の携帯電話としては、重さ38gのNichePhone-Sというものがありました。こちらは3Gに対応しており、日本で使うことができます。

重さわずか38g、高さ9cm、2台持ちに最適化した3G携帯電話 | NichePhone-S

2015年にThe Light Phoneという重さ38.5gの携帯電話もありました。こちらはGSMのみです。

重さ38.5g、クレジットカードサイズの携帯電話 The Light Phone(ライトフォン)

まとめ

お値段は£30+送料£10で、£40(約6,000円)です。前述の通り日本では通話、SMSともに使用できません。

2018/1/19まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1500916193/the-worlds-smallest-phone-introducing-the-zanco-ti

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons