秒間1000枚撮れる超高速ビデオカメラ、物が壊れる瞬間が見られる fps1000

admin




fps1000 1

fps1000は、秒間1000枚を撮れる超高速ビデオカメラです。これを使えば、ポットが壊れる瞬間や、ライターの火がつく瞬間など、人間の目では見ることのできない珍しい映像を撮影できます。

ポットが割れる瞬間

陶器製のポットを上から落とします。秒間840枚の分解能で撮影しています。

fps1000 2

まず床に当たった部分から壊れていきます。

fps1000 3

半壊しました。

fps1000 4

粉々になりました。時間にしたら1秒にも満たないほんの一瞬ですが、fps1000なら撮影することができます。

fps1000 5

動画はこちら。

ライターで火をつける瞬間

点火しました。

fps1000 6

火花から炎が現れました。肉眼では何が起こっているのかわかりませんが、これならよく見えます。

fps1000 7

トカゲ

トカゲが得物を飲み込む瞬間。これも時間にすると0.3秒ぐらいの、まさしく目にもとまらぬ速さです。

fps1000 8

仕様

fps1000 9

CPUにはARM Cortex M4を搭載しています。撮影そのものはCPUだと処理が間に合わないので、専用ハードウェアも併用しています。FPGAというプログラミング可能なハードウェアです。

画像はMicro SDカードに保存されます。しかし秒間1000枚もの画像を撮ると、SDへの書き込みが間にあいません。1枚1Mとすると、1秒で1Gバイトも画像が溜まってしまいます。

この対策として、FLASHメモリを32Gまで搭載できるようになっており、そちらに画像を書き込むようになっています。普通のDRAMではなくてFLASHメモリにした、というのが工夫されたとのことです。FLASHメモリは安いですが、非常に遅いです。おそらくFLASHメモリをいくつかに分割して、並列書き込みをしているのだと思います。

まとめ

お値段は、SILVER版が£349+送料£10で、£359(約62,000円)です。SLIVER版の解像度は640×480が最高です。

2014/11/6まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1623255426/fps1000-the-low-cost-high-frame-rate-camera

関連記事

弾丸すらシャッターで捉える、ハイスピード撮影用のレリーズ MIOPS(マイオプス)

こちらは物が壊れるちょうどその瞬間にシャッターを切ってくれる道具です。稲妻なども撮れます。動画ではなく静止画ですが、普通のカメラを使うため画像はきれいです。

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons