TEO、未来の南京錠

admin




teo

TEOは、スマホで鍵の開け閉めをする南京錠です。スマホにかぎらずBluetoothがついてる機器があれば、鍵を開け閉めできます。

TEOのメリット

鍵と錠は日常生活でよく使われています。自転車、ロッカー、物置などなど。
普通ならこれらの鍵を個別に持っていなくてはありません。時には何の鍵が紛らわしかったりするかもしれません。

TEOならば、スマホをタッチするだけで鍵の開け閉めができます。鍵をひとつひとつ管理しなくてよいので便利です。

また、鍵をなくす危険も減ります。もちろんスマホそのものをなくすと鍵が開けられなくなってしまいますが、複数の鍵よりは一つの鍵の方がなくしにくいと思います。

鍵の許可を友達に渡す

また、別の人に鍵をあけることを許可することかできます。
たとえば、友達に渡したいものをロッカーに入れておき、鍵の許可を一時的に友達に渡すということができます。

鍵を開ける許可はアプリ上で渡せます。
このため、錠のある場所にもいなくても許可の受け渡しは可能です。
たとえば旅行先で家族や友達に、TEOを開ける許可を渡すということもできます。

技術

TEOではBluetooth Low Energy (BTLE)が使われています。Bluetoothは無線の一種です。感覚としては赤外線リモコンの赤外線に近いですが、障害物で遮られにくいです。

Bluetooth Low EnergyはBluetoothの一種で、Bluetoothに比べると電力消費量が小さいです。もしTEOで頻繁に電池を入れ替えることがあったら面倒です。Bluetooth Low Energyだと電力消費が小さいので、電池が長持ちします。

バッテリー交換

TEOは電池で動くので、定期的に電池を交換する必要があります。どのぐらいの頻度で交換しないといけないかは使い方によります。ただ製品の目安として、年一回の交換を想定しています。またTEOの本体上に電池残量を表示しているので、どのぐらいで交換すればよいかひと目でわかります。

TEOは開け閉めをしていない、待機状態にあるときは電力をほとんど使いません。まれにしか開け閉めをしなければ、電池は長持ちするでしょう。

TEOを支援したい人はKickstarter本家サイトをどうぞ
http://www.kickstarter.com/projects/804149834/teo-the-future-of-the-padlock-is-here

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons