地球型惑星の発見に触発されて作った、宇宙風味の腕時計 | Xeric Trappist-1(ゼリック・トラピストワン

admin




Xeric1.jpg

Xeric Trappist-1 Moonphase(ゼリック・トラピストワン・ムーンフェイズ)は、太陽系外にある惑星の発見に触発されて作られた、腕時計です。

使い方

2017年、TRAPPIST-1という赤色矮星(恒星の一種)に、7つの地球型惑星があるということが天文学者によって発表されました。発見時はひょっとしたら生命の可能性も・・?と思われており、Xericの開発元はそれに感銘を受けました。そして作ったのが今回の腕時計です。

下の画像はTRAPPIST-1とその惑星の想像図です。TRAPPIST-1の7つの惑星は39光年離れたところにあり、自ら発光していません。そのため実際にどのように見えるかは、よくわかっていません。 画像出典: Wikipedia

Xeric11.jpg

Xeric Trappist-1腕時計は、三つの特徴があります。

Xeric2.jpg

時計の表面はカーブを描いたドーム型になっています。普通の腕時計なら平面になっているところです。

Xeric3.jpg

これは宇宙船からTrappist-1の惑星を見たらこう見えるはずだ、という想像をデザインにしたものです。下の写真は国際宇宙ステーションから見た地球です。

39光年も離れたところにあるわけですから、実際に行くことは不可能です。しかし想像することぐらいはできるじゃないか、と腕時計の発案者は思っています。

Xeric4.jpg

短針と長針も普通のものと違います。一見すると時も分もわかりませんが・・・

Xeric6.jpg

惑星の部分が動き、それが時と分を表すようになっています。

Xeric12.jpg

暗いところで光るようになっています。きれいですね。とても宇宙っぽいです。

Xeric14.jpg

真ん中の部分は月の満ち欠けを表示するようになっています。宇宙風のデザインになっていてごちゃごちゃしており、わかりづらいですが・・・

Xeric7.jpg

真ん中の板が回転して満ち欠けを表示するようになっています。

Xeric15.jpg

以前カメラのレンズをモチーフにした腕時計がありましたが、それを少し思い出しました。

吸い込まれそうな美しさ…カメラの「レンズ」をモチーフにした腕時計 | TACS(タクス)

まとめ

お値段は$219+送料$39で、$258(約29,200)です。

2017/11/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/watchismo/the-xeric-trappist-1-moonphase-watch-bending-time

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons