大きな車輪で持ちやすくしたスーツケース、リュックなど新たなラインナップが登場 | G-RO(ジーロ)

admin




GRO1.jpg

G-RO(ジーロ)は、大きな車輪で持ちやすくしたスーツケースです。今回はリュックモデルもあります。

使い方

2015年KickstarterにG-RO(ジーロ)というスーツケースが登場しました。

G-ROは普通のスーツケースと違い、車輪が大きいところが特徴です。普通ならスーツケースの底に車輪がついていますが、G-ROの車輪は大きいため、側面についています。

車輪の軸が高い位置にあることにより、重さが軸の前後でバランスをとれるため、持ちやすい。また段差に強い。という点がメリットでした。

大きな車輪で段差もスムーズに動けるスーツケース、7600万円集める G-RO

この初代G-ROは無事に出荷されました。

GRO5.jpg

さらに2017年、荷物バッグ部門でエジソン賞を受賞しました。

GRO6.jpg

そしてG-ROを実際に使った人から、様々な声が寄せられました。

GRO7.jpg

それらを受けて、今回G-ROの種類が拡充されました。新たに追加されたのは4つのモデルです。

初代G-ROは一週間分ぐらいの荷物を入れられる、大きめのスーツケースでした。しかしそこまで荷物を入れない場合には邪魔です。新しいモデルThe Officeは、大きさが非常にコンパクトになりました。

GRO8.jpg

The Officeという名前の通り、通勤などを想定して作られています。

GRO11.jpg

小型化はしましたが、G-ROの特徴である側面についた大きな車輪は継承しています。

GRO9.jpg

ノートパソコンを入れる専用のポケットも付いています。

GRO12.jpg

ノートパソコンを入れるポケットの部分は防水になっています。それ以外の部分の素材も耐水性があり、ある程度の雨には耐えられるようになっています。

GRO10.jpg

移動中などに簡単にスマホを充電できるよう、USBケーブルだけをバッグから出せるようになっています。

GRO13.jpg

符詰めのモデルは、The Check-inです。こちらはThe Officeより大きめになっています。

GRO14.jpg

このモデルももちろん車輪は大きいものが使われています。それだけでなく、ファスナーを開けてバッグの膨らませて容量を変えることができるようになっています。

GRO15.jpg

バッグがふくらんで、86リットルから97リットルに容量が増えました。

GRO16.jpg

車輪が大きいので、段差で衝撃がかかったときなどの耐久性は高めになっています。

GRO17.jpg

今回はスーツケースだけでなく、リュックも用意されています。The SoloとThe Duoです。リュックなので、G-ROの大きな特徴である車輪はありません。

GRO18.jpg

The Duoはリュックでありながら、ファスナーを開けて容量を増やせるようになっています。15リットルが32リットルに増えます。荷物の量に応じて使い分けられます。

GRO19.jpg

リュックは180度開いて中身を一望できるようになっています。荷物を入れるときや取り出すときに便利です。

GRO20.jpg

The Soloは、膨らませる機能はありません。その代わり小型です。The OfficeについているUSBのケーブルだけを外に出す機能は、The Soloにもあります。

GRO23.jpg

まとめ

お値段は、The Officeが$269+送料$30で、$299(約34,000円)です。
Check-inは$299、Duoは$179、Soloは$129です。

2017/11/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/netta/g-ro-companion-office-backpacks-and-check-in-bags

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons