心拍数ではなく、心拍の変動で自律神経系の状態を知るという健康機器 | CorSense (コーセンス)

admin




Pic1.jpg

CorSense (コーセンス)は、心拍の変動で健康状態を測るというウェアラブル機器です。

使い方

ウェアラブルデバイスの健康管理機器は、体にいつもつけておく必要がありました。

Pic2.jpg

一方でこのCorSense(コーセンス)は、一日2分間だけ指を入れて、それで健康を管理するというグッズです。常に身につけなくてよい、というのが開発元の主張です。

Pic3.jpg

使い方は簡単です。装置の中に指を入れます。

Pic4.jpg

スマホに専用のアプリをダウンロードし、起動します。

Pic5.jpg

結果がスマホに表示されます。診断結果はグリーン、レッド、イエローの三色で表示されるので、分かりやすいです。

Pic6.jpg

なぜ一日2分はかるだけで健康管理できるのか。開発元の主張はこうです。

この装置は、心拍の変動性を測ります。従来心拍は、1分間に何回心臓が鼓動するか、という心拍「数」によってのみ捉えられていました。ですが、心拍ごとにかかる時間にも変動があります。

そこで、心臓が1回鼓動するときにかかる時間を計測します。この時間のばらつきを計測するのが、この装置です。たとえば下の図では、1回目は953ミリ秒、2回目は1021ミリ秒、3回目は814ミリ秒とばらついています。

Pic7.jpg

開発元によれば、心拍の変動性は自律神経と直接関連している。それゆえに自律神経について調べることができるのだ、とのことです。

pic9.jpg

CorSenseは使っている人の正常パターンを学習し、変調があればアプリが教えてくれます。

Pic8.jpg

まとめ

お値段は$95+送料$20で、$115 (約12,800円)です。

2017/10/20まで受付終了し、約2100万円あつめて目標額を突破しました。
https://www.kickstarter.com/projects/elitehrv/corsense-optimize-health-and-fitness-without-24-7

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons