移動手段としての電動ローラースケート。縦横30cm、重さ5.4kgと軽量でコンパクト | Blizwheel(ブリッツホイール)

admin




Blizwheel1.jpg

Blizwheel(ブリッツホイール)は、移動手段として作られた電動ローラースケートです。

縦横30cm、重さ5.4kgと軽量でコンパクトになっており、電車などでも持ち運ぶことができます。

使い方

バッテリーなどの発達により、今はガソリン車以外のいろいろな乗り物があります。しかしどれも多かれ少なかれかさばります。

Blizwheel8.jpg

そこで極限まで小型化した乗り物が、このBlizwheel(ブリッツホイール)です。人力のローラースケートのようにも見えますが、実は電動です。

Blizwheel9.jpg

電動なので、立っているだけでスイスイと進むことができます。速度はUrban版が時速16km、Pro版が時速24kmです。

Blizwheel15.jpg

両足のパーツを重ね合わせてたたむと、とてもコンパクトになります。

Blizwheel10.jpg

専用バッグに入れると、縦横30cmです。

Blizwheel21.jpg

電車で持ち運ぶことも簡単です。重さは両足合わせて5.4kg(Urban版)、5.8kg(Pro版)と、リュックに入れて運べるレベルの重さです。

これを活かして通勤に使うのはどうか?と開発元は言っています。ホビー用途ではなく、移動手段としての使い方です。

ただし日本の道路交通法では、車道や歩道といった道路を走ることはできないです。現行法だと原付扱いになるので、バックミラーやナンバープレートなども必要になります。立法時点では当然こういった乗り物はなかったので、仕方のないところですね。

Blizwheel6.jpg

Blizwheelは小さいので、目的地に着いたら引き出しにしまっておくようなこともできます。

Blizwheel13.jpg

アクセルはリモコンを使って行います。

Blizwheel5.jpg

スティック部分を倒すことで加速することができます。

Blizwheel16.jpg

操作方法はもう一つ用意されています。こちらは今までにない方法です。この腕時計状のものを腕に巻いて使います。

Blizwheel4.jpg

さらに指の部分にバンドをはめます。指の動きでアクセルのコントロールをします。

Blizwheel18.jpg

指を曲げるとアクセルがかかって加速します。面白い操作方法ですね。

ただこの方法だと、思わず手を握ってしまったときに加速なり減速なりをしてしまうので、リスクがあるのではないかという気がします。スティックなりレバーなりを動かす方式のほうがいいんじゃないかと思いますが、どうでしょうか。

Blizwheel17.jpg

満充電から移動できる距離は、Urban版が16km、Pro版が24kmです。

Blizwheel20.jpg

まとめ

お値段は$399+$40で、$439(約49,600円)です。片方の足に一つずつモーターを搭載するUrban版です。
モーターが片足のみのLite版もあります。

2017/11/8まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1541803670/blizwheel-eskates-the-smallest-smartest-way-to-get

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons