日本からKickstarterへプロジェクトを掲載できるように。円にも対応(追記あり)

admin




2017年8月17日、Kickstarterが日本からプロジェクトを掲載できるようにする、ということを発表しました。そして予告通り2017年9月13日に実現しました。

午前0時付近の時点では、まだKickstarterのブログなどでは発表はありません。しかしCreator Questionsのページを見ると、国のリストの中にJapanが加わっています。詳細は後程発表があると思われます。

(追記) 公式Twitterアカウントで発表されました

さらに公式ブログでも発表されました。

https://www.kickstarter.com/blog/2095

(追記終わり)

Creator Questionsのページを見ると、国のリストの中にJapanが加わっています。

https://www.kickstarter.com/help/faq/creator+questions

Japan1.png

今回の日本対応を利用して、早速日本からプロジェクトを載せられた方がいます。とあるサプライズのあるカップです。ぜひご覧ください。

家族や恋人にサプライズを。日本発、「マル秘」という名のカップとソーサー | MARUHI Cup & Saucer(マルヒカップアンドソーサー)

変更点

今までにもKickstarter上のプロジェクトで、日本発のものはありました。例えばUnlimited Handもそうです。

実際に試してきた! 筋肉を電気で強制的に動かすコントローラーUnlimitedHand

ただし規約により、アメリカなどの国に永続的な在住者が必要でした。この要件は現地担当者を置けば突破可能なものの、手軽には行えませんでした。

それが今回の対応で、日本在住者だけでプロジェクトを載せられるようになりました。

また通貨の面でも変化があります。Kickstarterにプロジェクトを載せるとき、銀行口座が必要になります。その口座の通貨が現状自動的にプロジェクトの通貨になります。

つまり日本の銀行口座を使ってプロジェクトを掲載すると、自動的に円がプロジェクトの支払い通貨になります。

Japan2.png

今まではアメリカドルやユーロなどに限られていましたが、今後は円を見る機会が出てくるということですね。

(追記) またウェブサイトが日本語にも対応しました。ボタンの表記は「このプロジェクトをバックする」となっています。バックする、すなわち支える、支援するという意味ですね。

またiPhoneやAndroidのアプリも日本語に対応したとのことです。

(追記終わり)

この対応で、日本からどんどん面白いプロジェクトが出てくるといいですね!

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons