ボタン一つでタンブラーにお酒を投入して、どこでもカクテルを作れるグッズ | FlasKap(フラスカップ)

admin




FLASKAP20.jpg

FlasKap(フラスカップ)は、ボタン一つでタンブラーにお酒を投入して、どこでもカクテルを作れるグッズです。

しかし自主キャンセルとなってしまいました。

使い方

FlasKap(フラスカップ)は、保温タンブラー(カップ)のになっています。この蓋には、内部に飲み物を最大5オンス(145ミリリットル)まで入れられるようにもなっています。

FLASKAP02.jpg

FlasKap自体は蓋ですので、カップ部分は別途必要です。FlasKapは市販品のタンブラー(カップ)が使えます。

FLASKAP07.jpg

蓋の部分のボタンを押すと、中に入れたお酒がタンブラー内に出てきます。本体の下側にハーフショット分(約15ミリリットル)の液が正確に射出されます。

正確にハーフショットずつ出すことができるのは、「トランスファー・チャンバ(移送小室)」というシステムがあるからです。ボタンを押すと、このチャンバに入った液体1/2オンスだけが出てきます。ボタンを戻すと、漏れることなくチャンバがFLASKAPの内部に戻り、また1/2オンスを出す準備をします。

FLASKAP06.jpg

FlasKapは半透明で約145ミリリットルの液体を貯蔵できる構造をしています。上蓋は閉じると密封され、液漏れを防ぎます。

FLASKAP01.jpg

FlasKapは、しっかりと保温タンブラーの口を密閉するため、アウトドアなどで移動のときにもこぼれたりしないようなっています。例えばマリンスポーツ、キャンプなどアウトドア活動、コンサート、ゴルフなど様々なシーンで、お好みのカクテルやミックスドリンクを作れます。

FLASKAP08.jpg

FlasKapは、二層の断熱構造になっており、取り付けたタンブラー内の液体温度の影響を受けにくくなっています。

例えば、家で熱いブラックコーヒーを淹れてタンブラーに入れ、FlasKapのコンテナには冷たいミルクを入れて、持って出かけます。出先でボタンを押してミルクをコーヒーに適量入れ、混ぜてお好きな味にして飲むことができます。

FLASKAP04.jpg

FlasKapには市販のタンブラーに装着が可能ですが、FLASKAP純正のタンブラーも用意されており、セット販売もされています。

FLASKAP09.jpg

まとめ

お値段はFlasKap+タンブラーが1セットでUS$40+送料US$22で、合計US$62(日本円で約6,785円)です。

2017/09/02まで支援受付中でしたが、自主的にキャンセルとなりました。
理由は一般公開されていませんが、目標額5万ドルに対し、25,345ドル(約278万円)しか集まらなかったことが原因ではないかと思います。
https://www.kickstarter.com/projects/1222498753/flaskap-the-first-flask-for-your-tumbler

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons