360度を常時監視できるドライブレコーダー | Secure360(セキュア360)

admin




Secure360(セキュア360)は、周囲を360度撮影できる車載用カメラ(ドライブレコーダー)です。

使い方

通常のドライブレコーダーは車の正面を撮影するように設計されているので、車上荒らしや当て逃げなどに対応できない場合があります。

そんな欠点に着目して開発されたのがSecure360です。

secure01.jpg

Secure360には360度とるので死角がなく、車の内部と外部を逃さず撮影します。死角がないというのは、荷物などで遮られていなければですが。

レーダーと加速度計で動きや衝撃を検出し、自動的に録画を開始するようになっています。

secure02.jpg

撮影された映像はクラウド上にストリーミングし、アプリを通じてスマートフォンに通知します。

4G接続版はデータをクラウドに自動的にアップロードするので、例えばカメラが盗まれたり破壊されたとしても証拠を確実に手元に残すことができます。

secure04.jpg

Secure360には運転モードと駐車モードの2つのモードがあります。2つのモードは自動的に切り替えられます。

secure05.jpg

運転モードでは車が走行している間、撮影を継続します。Secure360が衝突のような異常な動きを検出した場合はハイライトビデオが自動的に生成されます。

secure06.jpg

駐車モードではスリープ状態で待機します。

異常が検出された時のみSecure360は自動的に起動して映像を記録します。その後再び自動でスリープ状態に切り替わって待機します。

何らかの理由で車のバッテリの電圧が低下すると、自動的にシャットダウンしてバッテリの残量を維持します。

secure07.jpg

またSecure360にはGPSが内蔵されています。駐車してるときに止めた場所が分からなくなっても、アプリから駐車位置を確認できます。

secure08.jpg

駐車中でも作動するので、運転中のドライブレコーダーとしてだけでなく防犯カメラとしても機能します。

異常を検出した時にネット回線を通じてスマートフォンアプリにリアルタイムで通知するので、自宅やオフィスなどの離れた場所で何が起きているかを確認できます。家に停めてある場合のように車が近くにあるときは、通知をみて即座に対処することもできます。

secure03.jpg

Secure360には4Gモデルとwifiモデルの2種類があります。4Gモデルではクラウドに対応してるのでリアルタイムで映像をストリーミングできます。wifiモデルはリアルタイムクラウド保存には対応しておらず、microSDにビデオを保存します。

secure09.jpg

まとめ

お値段はSecure360(セキュア360)4Gモデルで$249(約27,000円)です。現状アメリカへの発送にのみ対応しています。

2017/9/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/waylens/waylens-secure360-with-4g-automotive-security-came/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons