ホラー映画のような人形が怖い…。実はこれ、子供の教育目的なんです | Anatomic Anna & Andy

admin




Anatomic1.jpg

Anatomic Anna & Andyは子供用の人形です。しかし他の人形にはない、強烈すぎる特徴を持っています。

使い方

子供の教育としてSTEMというのが最近はやっています。科学やテクノロジーなどに対する教育を総称する言葉です。クラウドファンディングでもプログラミング教育を目的としたCubettoKOOVTuring Tumbleなどがありました。

そうした流れの中でてきたのが、今回のAnatomic Anna & Andyです。右の女の子がAnna、左の男の子がAndyです。Tシャツを着ているAnnaのほうはいいですが、Andyのほうは・・・なぜだか内臓がむき出しになっています。

写真だけ見ていると、ホラー映画で惨殺されたグロい場面のようにも見えます。とてもシュールな光景です。

Anatomic11.jpg

実はこの人形、子供が人体について学ぶための教育目的として作られたんです。Anatomic(解剖学)という名前の通り、人形を触ることで人体構造を学ぼうというわけです。作者は4人の子供を持つ母親です。

Anatomic9.jpg

単に内臓が丸見えになっているわけではありません。内臓がパーツとして取り外せるようになっています。

Anatomic12.jpg

胃や心臓などを取り外して中身が空に近くなりました。パーツを外したりつけたりすることで、子供が人体について学ぶことを促すことが目的です。確かに臓器の位置関係を把握していなければ、もう一度はめることができません。ある種のパズルでもあります。

Anatomic13.jpg

しかしながら・・無表情に前を見ながら内臓がさらけ出されている様子は、さながらサイコホラーのような雰囲気が‥。画像だけ見ていると、映画のセブンや羊たちの沈黙みたいです。

Anatomic3.jpg

パーツはかなり細かく分かれていて、肺や肝臓、腸といった大きいものだけでなく、膵臓、腎臓、食道、気管支などもあります。わざわざ肝臓の上にとりつける横隔膜まで用意されています。

Anatomic2.jpg

デモ動画では、子供が「これが胃で、脾臓に向こうにあって、肝臓の下にある」と言っている場面が映っています。

Anatomic15.jpg

Tシャツを着せているとごく普通に見えますね。先ほどまでのグロさがうそのようです。シャツにはAnatomicというロゴと虫眼鏡が入っており、細かなところまで凝っています。

Anatomic7.jpg

まとめ

お値段は£50+£15で、£65(約9,400円)です。

2017/7/28まで支援受付中でしたが、目標額約2900万円には到達しませんでした。
https://www.kickstarter.com/projects/littleboffins/learn-through-play-anatomic-anna-and-andy

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons