ソニーの学習おもちゃKOOVがIndiegogoにも登場

admin




Koov1.jpg

KOOV(クーブ)は、ソニーから販売されている教育用のおもちゃです。

日本国内ではソニーストアなどで販売されていますが、今回は海外向けにIndiegogoに載せてきました。

使い方

KOOV(クーブ)は、ブロックとセンサー、モーターを組み合わせて作ります。

Koov6a.jpg

ブロックの組み立て手順は記載されているので、それに従っていきます。全部自力でもいいですが、立体物を一から自分で考えるのは難しいです。

Koov10.jpg

徐々に組みあがってきました。

Koov11.jpg

これで出来上がりです。これだけだと何かわかりづらいですが、実は口を開いているところです。口を閉じさせると・・

Koov12.jpg

カバでした。

これだけだとレゴブロックと違いはありません。KOOVが違うのはここからです。

Koov13.jpg

カバの背面にはKOOV COREというパネルを取り付けます。これが電源を供給したり、モーターを制御したりします。

Koov14.jpg

モーターやセンサーはいろいろな種類のものがあります。これらを先ほどのCOREとケーブルで接続します。

Koov6b.jpg

有線接続なのでごちゃごちゃするのが難点です。しかしこの方式にもメリットがあります。モーターなどの各種パーツを無線にするとすっきりはしますが、パーツごとにバッテリーを積まないといけないので値段が上がります。またモーターのように大きな電力が必要なものは、そのぶんパーツごとのバッテリーもかさばります。

またワイヤレス接続が増えると、謎のトラブルが起きやすくなります。有線のほうがトラブルシューティングがはるかに楽です。これが子供向けということを考えると、重要な点です。

Koov14.jpg

ブロックを組み立てて配線した後は、タブレットまたはPCでプログラミングを行います。センサーに反応があったらモーターを動かす、のように条件を書くことができます。入れ子にできるようになっており、ある程度複雑な動作もできるようになっています。

対応しているOSはiPad、Mac、Windowsです。Windowsの場合はUSB、iPadとMacはBluetoothで接続します。

Koov15.jpg

プログラミングが終わったあとは実際に動作させます。先ほどのカバの上で手を振ります。

Koov16.jpg

するとカバが動き出しました。センサーに反応があったらモーターを動かす、という設定です。

Koov17.jpg

今度は後ろの部分を触ってみます。

Koov18.jpg

カバが足をバタバタと開いたり閉じたりしました。

Koov19.jpg

KOOVはブロックで好きな形を作ることができ、なおかつプログラミングもできるようになっているので、いろいろなことができます。しかしその反面、やや難しいのが難点でしょうか。

Koov2.jpg

一方で同じく教育用のおもちゃCubettoは、ぎりぎりまで簡単にしています。非常に直感的で、かつタブレット等は使用しません。そのかわりトロッコを移動させることしかできません。条件分岐などは全くありません。どちらも一長一短ですね。とっつきやすいのはCubettoですが。

手で触って覚えるプログラミング。遊びと学習を兼ねた3歳児向けの知育おもちゃ | Cubetto(キュベット)

ソニーは自社でクラウドファンディングサイト「First Flight」を持っています。ただFirst Flightは今のところ日本向けになっています。今回は海外向けに広めたい、ということで他社のサイトであるIndiegogoに載せたのだと思います。

まとめ

お値段は、Basic Kitが$159(約17,700円)です。前述のカバはAdvanced Kit($444)用です。
Indiegogoでは日本向けに発送していませんが、ソニーストアから購入できます。

2017/8/14まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/koov-learn-coding-with-robotics-kids-education#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons