ピンボール自作キット。好きなように盤面を作り、スマホで点数を競って遊べる | MAKERBALL(メーカーボール)

admin




MAKERBALL1.jpg

MAKERBALL(メーカーボール)は、ピンボールを自作するキットです。自分の好きな盤面を作ることができます。

使い方

MAKERBALLは自分で組み立てて使います。

MAKERBALL3a.jpg

最初の段階ではのっぺらぼうのピンボール台です。ここから自分の好きなように組み立てていきます。

MAKERBALL3b.jpg

ピンボールの盤面を作るために、基本障害物キットが付属しています。ピンや敷居などです。

MAKERBALL4.jpg

盤面には穴が開いていて、障害物を固定できるようになっています。ピンで輪ゴムをとめて、三角形の跳ね返る部分を作ったりしています。ピンボールっぽいですね。

MAKERBALL5.jpg

配置を変えてジャンプ台を左側に配置しました。基本キットだけでも遊べますが・・・

MAKERBALL6.jpg

障害物自体を自作することもできます。紙で近測道路の入り口のような立体配置を作ったり・・・

MAKERBALL7.jpg

謎のトンネルを作ったりできます。

MAKERBALL23.jpg

これは粘土でしょうか? 手作り感が満載ですね。

MAKERBALL18.jpg

さらに植物を入れて、プランター兼ピンボールという、謎のインテリアを作る例も載っています。

MAKERBALL19.jpg

植物部分は本物ゆえ、水やりも必要です。盤面は木製なので、うまくかけないとピンボール台がしっけてしまいそうですが・・。

MAKERBALL20.jpg

ピンボールに必要なフリッパーももちろんついています。左右に一つずつあります。

MAKERBALL14.jpg

ただし発射台に相当する部分はコストのためか省かれています。その代わり左側のフリッパーはボールを打ち返すだけでなく、打ち上げることもできるようになっています。

MAKERBALL15.jpg

ここまでは機械式のアナログピンボールです。アナログのままでも遊べますが、Arduino(小型コンピューター)をつなぐことでスコアの記録もできるようになります。Arduinoは付属していないので、自分で別途用意する必要があります。

MAKERBALL9.jpg

仕組みはいたって単純です。銅板を重ならいように盤面に配置します(左側)。ボールが通ったら二つの銅板がくっつきます。

MAKERBALL24.jpg

裏側からは銅板にケーブルをつなげます。銅板がくっつくと電気が流れるので検知できるという仕組みです。つまりスイッチですね。

MAKERBALL11.jpg

さらに専用の無料アプリもあります。Bluetoothを使って、Arduinoからスマートフォンに接続します。これにより銅板のスイッチをボールが通ると、スマホアプリに得点が加算されるようになります。

MAKERBALL12.jpg

ただボールを打ち返すだけでなく、スマホに表示される点数でハイスコアを狙うということができます。

MAKERBALL22.jpg

台本体、脚の部分は木製です。自分で塗装することもできます。

MAKERBALL2.jpg

DIYをピンボールで実現した、というのがこのMAKERBALLです。

MAKERBALL17.jpg

まとめ

お値段は329CHF+送料92CHFで、421CHF(約48,100円)です。

2017/7/7まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/make-and-play/makerball-the-diy-pinball-machine-kit

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


2コメント
  1. せみ丸
    • 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons