「ゼロファック」を手渡しする。奇妙なコインが750万円集めた | Zero Fucks Coins(ゼロファックス・コイン)

admin




zerofuck1.jpg

Zero Fucks Coins(ゼロファックス・コイン)は、名前の通り大きく数字のゼロと、中指を立てるジェスチャーが入ったコインです。

なぜかこのグッズに約750万円集まっています。

内容

2015年、Zero Fucks Given COIN(ゼロファックス・ギブンコイン)という、名前からしておかしなコインがKickstarterに登場しました。

中指を立てて手の甲を向ける挑発的ジェスチャーがコインに大きく刻まれています。裏面には「0」と、これまたでかでかと数字が刻まれています。

コインなのに0とはいったいなんなのか。冗談にしても硬貨というからには、1以上の数字が入らないと意味が分からないですが・・・?

zerofuck21.jpg

手に取ったところがこちら。UNITED STATES OF NO FUCKS・・。どこなんだそれは・・。

zerofuck23.jpg

このプロジェクトには最終的に119万円集まって、目標額を突破しました。

zerofuck24.jpg

そして2017年に新しく出てきたのが、ゼロファックの新シリーズです。翼のついたゼロファックなど、新しいデザインが追加されています。

zerofuck1

ゼロファックギヴンとは・・

そもそもZero Fucks Givenとはなんなのでしょうか。知らなかったので検索したところ、アーバンディクショナリーなるサイトに意味が載っていました。アメリカの俗語のようです。

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Zero%20fucks%20given

本来ならばfuckとでも言うべきところだが、それすら値しない。だからファックがゼロである。これがzero fucks(ゼロファック)ということのようです。

zerofuck7.jpg

似たような使い方として”I don’t give a fuck”で、「fuckすら渡すに値しない」->「そんなこと知ったこっちゃねーわ」という使い方も載っていました。

“I don’t give”の代わりに”given”すると、”Zero fucks given”というように文が短くなって言いやすくなります。

zerofuck8.jpg

前記「都会辞書」に会話の用例も載っていました。

マイケル「ヴィクトリア、お前が俺を振ったんだ!」

ヴィクトリア「ゼロファック・ギヴン(知らないっつーの、そんなこと)」

zerofuck6.jpg

新デザイン

今回のコインは、新たに翼のついたデザインも用意されています。こちらはゼロではなく、1が刻まれています。ワンファックです。

zerofuck2.jpg

オリジナルの中指を立てたでサインもあります。金属の質感がなかなかにいいですね。無駄なクオリティというか・・。素材は銅、ニッケル、亜鉛の合金です。

zerofuck4.jpg

さらにシットコインなるものも用意されています。こちらは真鍮が入った合金です。ゼロファックコイン以上に使い道に困りそうですね。

zerofuck3.jpg

さらに1万3000円もするコイン200枚のセットもありますが、なぜか品切れになっています。いったい誰が200枚もほしいとおもったんだか(笑)

ゼロファックと言う代わりに、財布から取り出して相手に渡したりするのでしょうか。それでも200枚は使いきれなさそうです。

zerofuck5.jpg

まとめ

お値段は$5です。発送先はアメリカのみです。

2017/6/21まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/79786167/zero-fucks-coins-new-coins

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons