はめ込み不要、スマホを「雑に」置くだけで充電できる充電器 | AutoDock(オート・ドック)

Pic1 admin




Pic1.jpg

AutoDock(オート・ドック)は、スマホを置くだけで充電できる充電器です。ピッタリとスマホをはめ込まなくても、大体の位置に置くだけで充電してくれるところが特徴です。

使い方

従来、スマホの充電には手間のかかるケーブル接続が欠かせませんでした。このAutoDock (オート・ドック)であれば、スマホを置くだけで充電することができるのです。

単なるドックじゃないのか?というと、微妙に違います。ドックの一種ではあります。

Pic2.jpg

使い方は簡単です。スマホを置きます。置く位置はだいたいでいいです。左右に隙間があることからもわかるように、ピッタリはめこまずに置きます。

Pic3.jpg

これで充電が始まります。

Pic4.jpg

スマホ側にアダプターは不要です。また無接点充電(Qi)のように、対応機種でなければ使えないということもありません。

Pic5.jpg

では仕組みです。AutoDock (オート・ドック)にスマホが置かれると、センサーが反応します。すると、自動的にアームが伸びてきます。このアームがスマホの位置を決め、充電位置に合わせてくれるのです。位置に合わせると自動的に充電器の接点がせり出してスマホと結合し、充電を始めるのです。

Pic6.jpg

Autodockにスマホを放り込みます。この時点ではスマホが傾いているとにご注目ください。

AutoDock1.jpg

アームが伸びてきます。まっすぐになりました。

AutoDock2.jpg

固定されて充電開始です。

AutoDock3.jpg

スマホを取る時も簡単です。手を近づけるだけでアームが離れ、スマホを取れる状態になります。幅はスマホ+ケースで80mmまで、厚さはスマホ+4mmまで対応しています。

Pic7.jpg

対応しているスマホ側のコネクタは、Lightninig、Micro USB、USB Type-Cです。いずれかを選択できます。

一部のAndroidスマホはUSBコネクタが真ん中ではなく、左右に偏っているものがあります(機種としては少ないです)。そういった機体には対応できないものもあるかと思います。どの程度Autodock側で調節可能なのかは、よくわかりません。

AutoDock4.png

これがあれば、スマホを充電するたびにわずらわしい思いをしなくて済みますね。

まとめ

お値段は$39+送料$15で、$54(約6100円)です。

2017/5/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/890677151/a-better-way-to-charge-your-phone-the-autodock

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons