仮想空間の中で、風船をつかむ手ごたえを感じるVRグローブ | VRgluv(VRグラブ)

admin




VRgluv1.jpg

VRgluvは、バーチャルリアリティ用のコントローラーです。手の動きをセンサーでとらえ、さらにつかんだ手ごたえが伝わってくる、とのことです。

方法は全く違いますが、Unlimited Handを思い起こさせるグッズです。

使い方

こちらがVRgluvです。手袋型のデバイスで、これを手にはめて使います。

VRgluv3.jpg

手にはめるとこうなります。かなりごついです。機能を考えると仕方のないところだと思いますが。

VRgluv2.jpg

VRgluvはコントローラーとして使います。指の動きがセンサーで検知され、画面の中でも自分の指と同じように動きます。

VRgluv12.jpg

例えばバネを指ではさんで・・・

VRgluv13.jpg

縮めたりすることができます。動画を見ていると、指一本単位で動きを把握できるようです。このバネのデモでは、人差し指のみを動かしています。ほかの指はそのままです。

VRgluv14.jpg

今度は風船をつかみました。VRgluvでは指の動きをセンサーでとらえるだけでなく、指の動きに抵抗を与えることができる、とのことです。つまりつかんだ手ごたえをある程度感じることができる、ということになります。

VRgluv11.jpg

つかんだ風船を握りしめて割りました。

VRgluv11a.jpg

指の動きをとらえられることを利用して、ジェンガのようなことを仮想空間内で行っているデモもあります。

VRgluv10.jpg

対応VRゴーグルは、Oculus RiftとHTC Viveです。手の位置と向きは、OculusやViveのコントローラーを使って取得しています。VRgluvは先ほどのジェンガのように、指の動きまで取得しているところが違いです。

VRgluv5.jpg

ゲームに使う場合は銃のトリガーの手ごたえであったり、弓を引いたときの手ごたえを感じる、といった用途が提案されています。

VRgluv9.jpg

開発キット(SDK)も提供予定です。どのぐらいVRgluvに対応しているのか不明ですが、ゲームの画面も一部のっています。下の画面は、Drunkn Bar Fight(酔っ払いバー乱闘)なるゲームです。

VRgluv14.jpg

VRgluvは

・指一本単位で動きを把握できる
・指に抵抗を感じる

という点が特徴です。ただしこれをどうやって実現しているかは、公開されていません。製品を出荷後に技術的詳細が発表される予定です。まねされるのを防ぐためだと思われます。

センサーには、加速度・ジャイロセンサーは使用していないと明言されています。小さい誤差が蓄積し、時間がたつにつれて大きな誤差となってしまうことが理由として挙げられています。

スマホでパノラマ写真を撮るぐらいならいいのですが、ゲームのように時間がかかるものだと問題になるということだと思います。

指の動きに制限がかかるフォースフィードバックの部分も気になるところです。モーターで行っているとすると耐久性にも注意しなくてはなりません。そこそこの価格と大きさに収めつつ、どのように実現しているのか。製品出荷後の発表待ちですね。

まとめ

お値段は$349+送料$20で、$369(約41,000円)です。

2017/5/26まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/vrgluv/vrgluv-touch-hold-and-interact-in-the-virtual-worl/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons