室内の壁で家庭菜園を作るキット。ライト搭載で窓際でなくても可能 | Herbert(ハーバート)

admin




1.jpg

Herbert(ハーバート)は室内の壁で家庭菜園を作るキットです。LEDライトを搭載しており、窓際でなくても使用可能です。

開発元はオーストリアです。

使い方

Herbertは、縦型になっています。普段は余っているスペースである壁の部分を有効利用することができます。

なおかつスタイリッシュなデザインになっており、インテリアとして室内の景観を作ることができます。

3.jpg

LEDライトを搭載しており、日光が入りにくい部屋に設置することもできます。窓際の壁でなくてもよいということですね。室内なので、外気温に左右されずに栽培がしやすくなります。

4.jpg

使い方は簡単です。まず、専用の生分解性スポンジに植えたい野菜の種を入れます。

5.jpg

次に、種を入れたスポンジをHerbertのポケットに入れ、Herbert本体に設置します。

6.jpg

そして専用のキャップをします。芽が出てくるまでキャップを付けたままにします。

7.jpg

最後に水(本体下部にあるタンク内へ)と肥料をやります。水は週に1、2回です。タンクに水をためる水耕栽培であるため、毎日水やりをしなくても耐えられます。

8.jpg

Herbertは1度に15個まで植えることができます。

9.jpg

また、無料のアプリを使ってLEDライトの輝度を調節することなどができます。

10.jpg

この前のEcoQube Frameとコンセプトは非常に近いです。EcoQube Frameのコンパクトであること、一方で今回のHerbertはLEDライトを搭載しているところが違いです。LEDライトや大きさが違う分、値段はHerbertが高いです。

縦置き+水耕栽培で、場所をとらずに室内で野菜を育てるグッズ | EcoQube Frame

まとめ

お値段は€369+送料€51で、€420(約51,000円)です。

2017/3/28まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1706256286/herbert-grow-fresh-organic-food-at-home

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons