タイプライター風味のオシャレなBluetoothキーボードが、開始早々1800万円集めた | lofree(ローフリー)

admin




lofree1.jpg

lofree(ローフリー)は、タイプライター風のおしゃれなキーボードです。

事前にTechCrunchなどで取り上げられていたこともあり、Indiegogoに掲載早々約1800万円集めました。

使い方

lofreeの特徴は、タイプライターのように見えるデザインです。これにつきます。

しかしこのデザインがなかなかに練られています。タイプーライターというレトロ風味でありつつも、さわやかな見た目になっており、古さを感じません。

lofree2.jpg

キートップは丸形になっています。通常のキーボードは四角が多いですが、あえてタイプライター風に丸にしているところが、デザイン上のアクセントになっています。

lofree13.jpg

タイプライターといえばカチカチという音・・ということで、それを再現するためにキー下のスイッチも工夫してあります。

lofree18.jpg

動画はこちら。20秒あたりでキーを打っている音が聞こえます。結構うるさいので、静かなキーボードがいいという人には向いていないと思います。

色は三色あります。ターコイズと・・・

lofree6.jpg

ホワイト

lofree7.jpg

ブラックです。

lofree8.jpg

対応機器は、Windows、Mac、iOS、Androidです。接続はBluetoothを使った無線接続です。バッテリーは4000mAhも積んでおり、キーボードのバックライトをオフにすると15か月もつとのことです。

lofree15.png

無線なので、気軽に家の中で持ち運んで使うことができます。例えばテーブルに持っていて、コーヒーを飲みながらタブレットでメールを書く、といった使い方もできます。

lofree12.jpg

MacBookはファンクションキーで画面の明るさなどを変えることができます。lofreeもこれに対応しており、MacBookに接続した場合はファンクションキーを使った調節ができます。

lofree11.png

lofreeは、Bluetoothで三台までの機器に切り替えて接続できます。lofreeのスイッチで切り替えることにより、キーボードの接続先を簡単に切り替えることができます。タブレットでメールを打って、スイッチを切り替えPCに接続して別の作業をする、といったことができます。

lofree14.png

自動スリープ機能も搭載しており、触らないと自動でオフになります。

lofree17.jpg

lofreeは無線キーボードですが、USBケーブルで接続して使うこともできます。充電もUSBで行います。

lofree10.jpg

lofreeはキーを光らせるバックライトも搭載しています。明るさは調節することができます。バックライトを一番明るくした状態でも、一回の充電で720時間使用可能です。

lofree16.jpg

配列は、現状は英語のみです。要望があればほかの言語のキートップも作るかもしれない、とのことです。ただある程度製造量が集まらないと採算割れになってしまうため、どの言語のものが作られるかは現状未定です。

また前述の通りキーを打つとカチカチ音がするので、その点も留意する必要があります。

まとめ

お値段は$74+送料$19で、$93(約10,500円)です。

2017/4/11まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/lofree-typewriter-inspired-mechanical-keyboard-design-technology#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons