SIMカード内蔵、スマホの範囲外でも追跡できるGPSグッズ | Ping(ピング)

admin




Pic1.jpg

Ping(ピング)は、世界中をカバーできる小型軽量GPSトラッカーです。

使い方

従来のGPSトラッカーは、お金がかかりすぎたり、大き過ぎたりしました。

Pic2.jpg

また、Bluetoothトラッカーだと有効範囲が約10m、長くても100mぐらいで、スマホの有効範囲から出てしまうと追跡できませんでした。

Ping(ピング)はSIMカードを内蔵しているので、携帯電話回線を利用して世界中どこまででも追跡できます。

Pic11.jpg

さらに非常に小型です。

Pic3.jpg

ペットや子供、カバンにも付けることができます。

Pic4.jpg

使い方は簡単です。専用のアプリをスマホにダウンロードすれば準備完了です。登録したPing(ピング)が、画面上にアイコンとして表示されます。見つけたいもののアイコンをタップします。

Pic5.jpg

今どこにいるのか、画面上の地図に表示されます。

Pic6.jpg

反対に、Ping(ピング)の方から位置を知らせることができます。真ん中の大きなボタンを押します。

Pic7.jpg

すると、スマホに連絡がいくのです。

Pic8.jpg

Ping(ピング)には、Bluetooth、3G規格のSIMカード、GPSが備わっています。Bluetoothと3Gの両方を使って、位置を追跡するようになっています。

Bluetoothを使う場合は有効範囲こそ約10m程度ですが、Ping(ピング)を付けたものがクッションや車のシートの下にもぐりこんでしまった場合に有効です。

Ping(ピング)を付けたものがBluetoothの範囲を超えてしまっても、SIMカードによって携帯電話回線も使えるので、追跡することができるのです。アプリは、iOSとAndroidに対応しています。バッテリーは一回の充電で3ヶ月持ちます。

Pic9.jpg

Ping(ピング)は携帯電話回線を使用するので、データプランに加入する必要があります。Ping(ピング)専用のデータプランで、一年で$46(約5200円)になっています。

当初はGSM(2G)と書いてあったので開発元にきいてみたのですが、日本だとUMTS(WCDMA)になるとのことです。

Pingが使っているのはAT&Tで、日本だとDOCOMO回線かソフトバンク回線のローミングになりますね。各国の回線を使える契約なので、世界中で使えるという仕組みです。

Pic10.jpg

まとめ

お値段は$99+送料$30で、$129(約14,600円)です。

2017/3/2まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/ping-the-world-s-smallest-global-gps-locator-bluetooth#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons