自動車、自転車、バイクのタイヤ空気圧が一目でわかる 「RightPSI(ライトPSI)」

admin




rightpsi2

RightPSI(ライトPSI)は、タイヤについている空気弁に取り付けて使います。空気圧が低すぎたり高すぎたりすると、色が変わります。

車の外からタイヤを見ただけで空気圧がわかります。地味ですが便利ではないでしょうか。
タイヤの空気圧が下がっていると、ハンドルがききにくくなり、ブレーキ距離も増えてしまいます。またタイヤの摩耗や燃費も悪化します。タイヤを正しい空気圧にしておくということは必要です。

rightpsi

また自動車だけでなく、自転車やバイクにも使えます。自転車はタイヤを触ればすぐにわかるので、特に必要ないかもしれません。

対応バルブ

対応しているバルブは、アメリカ式のSchrader(シュレーダー)バルブです。この形式ならば自動車か自転車かを問いません。

フランス式のPresta(プレスタ)バルブにも対応しようとしていますが、現時点では未対応です。これは形状が違うだけではなくて、機能的な違いがあるからだと思います。フランス式はゴムによる逆流防止機能がついていますが、アメリカ式はありません。

構造

rightpsi3

一見LEDのように見えますが、そうではありません。中にバネが入っており、空気圧によってバネの長さが変わります。これにより色を変えています。

電池はないので、電池切れの心配はありません。その代わりスマホから空気圧を調べることはできません。

問題点としては、自分でRightPSIの気圧を調整できないことです。空気圧は固定されているので、自分の車にあったRightPSIが必要です。車ごとに最適な空気圧は違うので(重さが違うため)、車を買い換えた場合はRightPSIも買い直す必要があります。

目標額の2万ドルを既に達成しています。
興味のある方はKickstarterのサイトどうぞ!
https://www.kickstarter.com/projects/rightpsi/rightpsi-tire-pressure-at-a-glance

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons