段ボール製、レトロ風味のインスタントカメラがちょっとした人気に | Jollylook(ジョリールック)

admin




Jollylook1.JPG

Jollylook(ジョリールック)は、段ボールでできたカメラです。電源不要の完全アナログカメラです。

これがKickstarterでちょっとした人気になっており、1900万円集まっています。

使い方

こちらがJollylookです。リサイクル紙と段ボールでできた、アナログカメラです。いかにも古くさいデザインになっていますが・・

Jollylook24.jpg

あえて大昔のカメラのデザインに合わせて作られています。つまりレトロデザインですね。作者によれば、スチームパンクのテイストも入っているとのことです。

Jollylook2.JPG

ファインダーを出し、カメラを構えてシャッターを押します。段ボールカメラですが、ちゃんとシャッターがあります。

Jollylook20.jpg

ファインダー部分が下に落ちて撮影完了です。

Jollylook21.jpg

レバーを回してフィルムを取り出します。

Jollylook22.jpg

しばらく待つと・・

Jollylook12.JPG

フィルムに像が浮かび上がります。

Jollylook13.JPG

スマホやデジカメに比べると、写真のくっきり感は劣ります。しかしこれはこれで、味があるんじゃないでしょうか。カメラのデザインだけでなく、できあがる写真の感じもレトロ風味です。

Jollylook18.jpg

段ボール製でありつつも、レンズ位置の切替もついています。接写(マクロ)、風景、人物、グループモードから切り替えることができます。

Jollylook3.JPG

露出(明るさ)も調整することができます。デジカメではないので、もちろん手動です。

Jollylook6.JPG

ファインダーをのぞき込んで、カメラの位置を決めをおこないます。ファインダーは本体のレンズとは別についています。引っ張り出して使います。

Jollylook7.JPG

のぞき込むとこんな感じで見えます。

Jollylook8.JPG

シャッターはカメラの下部についています。シャッタースピードは、1/250秒と1/160秒です。長時間露光できるマニュアルシャッタースピードモードもあります。

このシャッターの部分が、作る上で一番苦労したとのことです。

Jollylook9.JPG

フィルムを取り出すときにレバーを回しますが、このときにローラーを通ってフィルムが出てきます。フィルムの中に入っている現像液のカプセルがローラーによりつぶされて、現像が行われます。

Jollylook17.jpeg

使用するフィルムは富士フイルムのチェキです。この手のグッズでおなじみのものです。

Jollylook14.JPG

本体側面は蛇腹になっています。

Jollylook23.jpg

しまうときは畳んでおけます。

Jollylook25.jpg

まとめ

お値段は$38+送料$10で、$48(約5,300円)です。別途チェキのフィルムが必要です。

2017/3/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/971925604/jollylook-the-first-cardboard-vintage-instant-came

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons