F-16のメカニックが作った、工具をさっと取り出せる吸着トレイ | Grypmat(グリップマット)

admin




Grypmat1.jpg

Grypmat(グリップマット)は、工具をさっと取り出すための吸着トレイです。

使い方

こちらが作者のTom Burdenさんです。

Grypmat7.JPG

トムさんはもともと、アメリカ空軍の戦闘機F-16のメカニックとして働いていました。そのときの経験から生まれたのが、今回のGrypmat(グリップマット)です。

整備のときにイライラして時間を使わされたことが、工具が滑り落ちてしまうことでした。飛行機は曲面が多く、さらに平面であっても傾斜が多いです。そのため工具を置いても滑り落ちやすいです。(下の写真はGrypmatのプロトタイプなので、滑り落ちていません)

Grypmat6.JPG

そこでトムさんによって編み出されたのが、曲面にへばりつくマットです(下の写真でオレンジ色の部分)。このマットを機材に貼り付け、その上に工具を置きます。こうすると工具が滑り落ちないという仕組みです。

Grypmat3.jpg

整備しているときに集中が切れてしまうのは、工具を取ろうとしてもそこにないときだ、とトムさんは言います。

マット内の決まった位置に工具を置いておけば、さっと取り出せます。やっていることは単純ですが、効果的ではないでしょうか。

Grypmat8.JPG

これはいいデアだと思い、Grypmatを作って航空エキスポに出展しました。反応は良好で、実際に製品が売れました。そこで今回新たに3つの大きさが違うバージョンを作り、Kickstarterに載せることになりました。

Grypmat17.jpg

もちろん飛行機の整備専用ではなく、他の用途にも使えます。自転車のパーツを入れたり・・・

Grypmat5.jpg

自動車の整備にも使えます。

Grypmat18.JPG

柔らかい素材になっており、自由に曲げることができます。

Grypmat9.JPG

例えば折り曲げて持ち運んで・・・

Grypmat10.JPG

そのまま広げることができます。

Grypmat11.JPG

洗剤などの化学物質に対しても耐性があります。

Grypmat12.JPG

マットに載せたまま、チェーンを洗うこともできます。洗剤が周りに飛び散らないので便利です。

Grypmat13.JPG

マット自体は洗剤で拭くときれいになります。

Grypmat14.JPG

表面は吸い付くようになっています。

Grypmat15.JPG

壁に貼り付けて、さらにスマホを貼り付ける、というようなこともできました。実際にこういう使い方をするわけではなく、吸い付くことの実演です。

Grypmat16.JPG

本職の整備士が作っただけあって、かゆいところに手が届く、という感じでしょうか。整備をする人でなければ使わない、人を選ぶ道具ですが、現在約1000万円集まっています。

まとめ

お値段は$30+送料$50で、$80(約9,000円)です。Small版です。MediumやLargeもあります。

送料は、北米とヨーロッパ以外は全て$50と一律に設定されています。重さを考えるともっと安く送れると思いますが、現状はこうなっています。

2017/2/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/grypmat/the-grypmat-the-worlds-most-versatile-tool-mat

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons