プロ用撮影機器の会社が作った、高速反応するスマホぶれ防止グッズ | Steadicam Volt(ステディカム・ボルト)

admin




Steadicam1.jpg

Steadicam Volt(ステディカム・ボルト)は、スマホのカメラぶれを防止するグッズです。

動きに素早く反応するところが特徴です。

使い方

Steadicam Voltは、折りたたみ型のスマホスタビライザーです。

Steadicam2.jpg

開発元のTiffenは、もともと映画用のカメラぶれ防止装置「Steadicam」を作っていました。1976年に最初のものを作ったという老舗です。

Steadicam8.jpg

現在も公式サイトを見ると、プロ用の製品が載っています。

そのTiffenが消費者向けに作ったのが、今回のSteadicam Voltです。

Steadicam17.jpg

それだけなら単にネームバリューだけか?という話になってしまうのですが、そうではないというのが開発元の主張です。Voltには反応速度が速いという特徴があります。

Steadicam4.jpg

下の画像で、右側がVolt、左側がDJIのOsmo Mobileです。DJIはドローンで有名な会社です。

この状態から、向かって左側に手首を回転させると・・

Steadicam12.jpg

右側のVoltは素早くカメラの向きが変わりました。左側のOsmo Mobileはワンテンポ遅れています。

Steadicam13.jpg

一呼吸置いて、Osmo Mobileも向きが揃いました。

Steadicam14.jpg

Voltの開発元によれば、長年映画業界で鍛えられてきたテクノロジーを投入したからだ、とのことです。

ただこれはDJIが悪いわけではなく、用途の違いだと思います。アクション映画のように頻繁に動き回るものを撮るには反応が早いほうがいいです。しかし日常的な用途ではむしろゆっくり動いた方が、映像がなめらかになる面もあると思います。

Steadicam20.jpg

なら映画の撮影じゃないと要らないのでは・・という当然出てくる疑問に、開発元はそんなことはないよと言っています。例えば犬であったり・・・

Steadicam5.jpg

子供がサッカーボールを・・

Steadicam15.jpg

蹴る場面であったりです。一瞬で大きく撮る角度が変わっていますが、きれいに追従しています。

今はSNSに動画を載せることもできます。FacebookやTwitterに動画を載せることも簡単です。もちろんYouTubeもあります。そう考えるとそれなりに使い道はありそうです。

Steadicam16.jpg

ブレ抑制は電動方式で、3軸の回転に対応しています。バッテリー持続時間は8時間です。

Steadicam3.jpg

まとめ

お値段は$139+送料$60で、$199(約22,700円)です。

2017/3/6まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/tiffencompany/steadicam-volt-smartphone-stabilizer-shake-free-vi

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons