カメラの小物類を無くすか不安。そこで一括確認できるグッズ GearEye(ギア・アイ)

gear00 admin




gear00.jpg

GearEye(ギア・アイ)は、小物類をなくしてないかどうか一括管理できるグッズです。

たくさんの小物をカバンに詰めて持ち運んでいる間に何かを無くしたり、場所がわからなくなることは誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。

持ち物を管理できる製品は今までにもありましたが、サイズや価格の面から一度にたくさんの物を一気に管理することはできませんでした。Bluetoothの追跡グッズを多数とりつけると、お金がかかってしまいます。

これを解決すべくうまれたのがGearEye(ギア・アイ)です。

使い方

GearEyeは、例えばカメラパーツを扱うのに最適です。カメラ以外でも、多数の小物を扱う場合に役立ちます。

カメラはレンズなどのパーツがありますが、移動先で無くしてないかどうかの確認が面倒です。GearEyeを使えばパーツが揃っているかどうかを簡単に素早く確認できます。

gear01.jpg

GearEyeは写真家である発案者が、メモリーカードを紛失したことから生まれました。

gear02.jpg

シール状のGearTagと呼ばれるRFIDタグを、管理したいものに貼りつけます。GearTagは薄くて軽いので、あらゆるアイテムに対して使用できます。

タグはバッテリーを搭載せず、外部の電波を電源とするため、電池切れの心配はありません。Suica、IcocaなどのIC乗車券と同じですね。

Bluetooth型忘れ物防止グッズの場合は、一つ一つ充電する必要があります。その点がGearEyeの工夫点のひとつです。

gear03.jpg

タグの付いたアイテムをスマートフォン上で一覧表示して、検索範囲内に存在するかどうかを確認できます。忘れ物をしていないかまとめて確認できます。

gear04.jpg

GearEye本体には、ドングルタイプと携帯カバータイプの2種類があります。これがさきほどのRFIDタグをスキャンします。Bluetooth型忘れ物防止グッズのように、スマホのみで使うことはできません。

gear05.jpg

ドングルタイプのGearEyeDongleを設置する最適な位置はサイドポケットのようなバッグの端です。
ジッパーの金具にひっかけるのも良いです。

gear06.jpg

カバータイプのGearEyeCoverは携帯のセンサーを使用するので、精度の高いスキャンが可能です。
対応機種はiPhone6/6s/6plus/6s plus/7/7plusと、サムスンギャラクシーS6/S6エッジ/S7/S7エッジフォンです。

gear09.jpg

GearTagのセットアップは3ステップでとてもシンプルです。GearTagを貼り付け、スマートフォンアプリで読み取り、アイテムの名前を登録すれば準備は完了です。

gear10.jpg

リスト機能を使うと、持ち物のリストを作成・編集することができます。

仕事や旅行など、目的ごとにアイテムをリスト化していれば、準備の時にどんなアイテムが必要かを考える必要がなくなります。荷造りにかかる時間の節約にもなります。

gear12.jpg

Bluetoothを使って、小物ひとつひとつにタグをつけた場合、一個だけならGearEyeより安くすみます。管理しないといけないものの数が増えてくると、GearEyeのほうが安くなります。また充電に関しても、GearEye本体だけで済みます。

カメラのように、何らかの理由で複数の小物を管理しないといけない場合に役に立つ、ということになります。

geareye20.jpeg

まとめ

お値段はGearEye(ギア・アイ)$129+送料$12で、合計$141(約16,600円)です。

2016/12/31で受付終了し、約6500万円あつめて目標額を突破しました。
https://www.kickstarter.com/projects/874608327/geareye-the-ultimate-gear-management-system

現在はGet GearEyeボタンを押すと、GearEyeが入手可能になった時点でメールで知らせてくれるページに飛ぶようになっています。

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons