ボールペンとして紙に書いた内容を、リアルタイムでスマホに転送 Mimoto 2.0

bsp1 admin




BSP1.jpg

Mimoto Smart Pen 2.0は、書いた内容を、リアルタイムでスマホに転送できるボールペンです。

使い方

Mimoto 2.0は、普通のボールペンとして紙に書くことができます。

BSP2.jpg

しかし普通のボールペンと違い、書いた内容がリアルタイムでスマホやPCに転送されます。

もしメールで送りたいという場合、スキャナーで読み取る必要が無く、書いた内容をそのままメールで送ることができます。

BSP10.jpg

それでいてペンはあまりかさばらず、持ちやすい太さになっています。

BSP11.jpg

その代わりレシーバー(下図真ん中の黒い物体)をノートに置いて使うという仕組みになっています。ペンに全てを詰め込むと太くなりすぎる、ということを回避するためではないかと思います。

BSP7.png

このようにノートにレシーバーを置いて使います。

BSP12.jpg

対応OSはiOS、Android、Windowsです。接続はBluetoothです。専用アプリの他に、Evernoteのアプリとも互換性があるとのことです。ただ、どのOSのEvernoteかは明記されていないです。

書いたものを出力する形式は、PDFとJPEGです。

BSP3.png

実際にどの程度追従してくれるのか? どのぐらいの精度があるのか? が、気になるところだと思います。この点について、開発元は実験動画を公開しています。

動画を見ていると、確かにきれいに追従しています。精度も応答速度も高いです。

サンプリング頻度は、秒間58点です。あまりにも速く絵などを描いてしまうと、ガタガタになってしまうと思います。文字を書いている分にはそんなに速く書けないので、困らないとは思います。

BSP8.jpg

動画はこちら。すぐにデモが始まります。

さらに開発元ではない、EpicReviewGuysというYouTubeチャンネルでも実験されています。

BSP9.jpg

動画はこちら。

実際の紙に書いた内容との比較も載っています。下の画像は、A4の紙に書いた物をスキャナーで読み取ったものです。

BSP5.jpg

一方で下の画像はMimotoペンのアプリによって、取り込まれたものです。紙のものと完璧に同じではありませんが、メモとして取り込む分には耐えられる精度に見えます。多少はがたがたしていますね。

BSP6.png

今回のものは、2014年に製作されたMimoto 1.0の改良版です。1.0と比べてバッテリーの持続時間が倍増、書き込み性能も倍増したとのことです。

今回のバッテリー持続時間は、レシーバー部分が10時間、ペン時間が60時間になります。

BSP13.jpg

同様のアイデアを実現したものに、N2というものがあります。N2はレシーバーが不要で、スマートフォンとペンだけで直接つなぐことができます。ただし、ペンの位置を特定するために専用のパターンが印刷されたノートが必要です。

レシーバーなしで手書きをデジタル化できるペン Neo smartpen N2(ネオスマートペン)

まとめ

お値段は$95+$14で、$109(約12,800円)です。

2016/12/31まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/mimototech/bluetooth-smart-pen-20-exceptional-quality-and-val

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons