イルミネーションみたい。カラフルな光で自転車のホイールをドレスアップ Monkey Light(モンキー・ライト)

monkey01 admin




monkey01.jpg

Monkey Light(モンキー・ライト)は普段使っている自転車をドレスアップできるライトです。

使い方

Monkey Lightは、スポークに取り付けます。ライトがホイールと共に回転し、絵柄やイラストを映し出します。

monkey02.jpg

ライトの明るい光が周囲の注目を集めます。

monkey03.jpg

Monkey Light(モンキー・ライト)の光はどんな角度からでもはっきりと視認できます。

 

ライトが一定の速度で回転することで、絵柄やイラストがアニメーションが動いているように見えます。

monkey05.jpg

A30モデルでは多彩な模様やイラストが楽しめます。

monkey06.jpg

40以上のパターンがあり、ボタンで切り替えられます。
シャッフルモードによる自動切り替えも可能です。

monkey07.jpg

イラストは時速15キロから65キロで走っていればきれいに見えるように設計されています。

monkey08.jpg

カラフルな色の組み合わせが楽しめるA15モデル。

monkey09.jpg

8色のカラーと5つのシンプルなテーマを搭載しています。
テーマには単色、混色、ストライプが含まれています。

monkey10.jpg

シンプルでクラシックな単色の光が回転するA10 Comboモデル。
両輪分のライトがセットになっていて、前輪は白く、後輪は赤く光ります。

monkey11.jpg

トリプル・センサー技術により、ホイールが回っている時にだけライトが自動的に点灯します。
自転車を少し動かしただけでは誤作動しないようになっています。
A15とA30ではスイッチでの電源操作も可能です。

monkey12.jpg

充電はカプセル型のバッテリーを取り出して、USBから行います。
一度の充電で数カ月持続しますので、頻繁な充電は不要です。

monkey13.jpg

A10とA15は16インチ以上のホイールに、A30は20インチ以上のホイールに、それぞれ対応しています。
取り付けにはスポークの付いたホイールが必要です。

monkey14.jpg

3年保証つきとのことです。外で使うアイテムで、雨降りや泥道など様々な環境での使用が予想されるので、3年保証は心強いですね。

まとめ

お値段はMonkey Light(モンキー・ライト)A15モデル$29+送料$15で、合計$44(約4,900円)です。

2016/12/10まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/minimonkey/monkey-light-the-most-effective-way-to-be-seen-on

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons