その発想があったか…24インチなのに、折りたたんで持ち運べるディスプレイ | SPUD(スパッド)

spud1 admin




spud1.jpg

SPUD(スパッド)は、24インチの大きさがありつつも、折りたたんで持ち運べるディスプレイです。

確かにこの方法なら24インチを持ち運べます。なるほどと思いました。

使い方

今は一人一台スマートフォンがある時代です。

spud7.jpg

スマホさえあれば、映画やドラマを見たりすることができます。必ずしもリビングである必要はなく、場所を選ばない便利さがあります。

しかしながら画面が小さい、というのが弱点です。

spud8.jpg

大きな画面の方が見やすいし、迫力もあることは疑いありません。

スマホの持ち運びやすさと大画面を両立できないのか…? そこで生まれたのが、SPUD(スパッド)です。

spud9.jpg

SPUDは、折りたたんだ状態だと非常に小型です。これを広げると・・

spud12.jpg

このぐらいの大きさになります。これがディスプレイになります。

spud13.jpg

入力にはHDMIを使います。スマホやノートパソコンなどをつなげて、画面を表示することができます。

spud16.jpg

これはいったい何なのか?というと、ひと言でいえばプロジェクターです。直方体の部分がプロジェクターになっていて、後ろからスクリーンに光を当てて画像を投影します。

spud11.jpg

前から見ると、白いスクリーンに画像が映るという仕組みです。リアプロジェクションですね。周りの余計な光が入らないように、プロジェクターと即リーンの間にはフードがついています。

spud14.jpg

プロジェクターには違いないのですが、普通の物と違ってスクリーンの部分を折りたためることが特徴です。畳むと非常にコンパクトになります。

spud15.jpg

持ち運びが非常に楽なので、外出時に便利です。SPUTを取り出し・・

spud19.jpg

スマホを接続します。HDMI出力さえできれば、iPhoneでもAndroidでも使えます。

spud20.jpg

動画を大きな画面で楽しむことができます。

spud21.jpg

これはびっくり・・というわけです。

spud22.jpg

たためばカバンに入ります。簡単に持ち運べます。

spud25.jpg

例えばキャンプに持っていったり・・

spud23.jpg

屋外でゲームしたりなんていうこともできます。ただしプロジェクターの明るさには限度があり、眩しい直射日光の元ではうまく見えないとのことです。日影で使ってくださいと開発元は言っています。

明るさは785 nitが出せるようになっており、スマホぐらいの明るさはあります。

spud18.jpg

必ずしも外で使う必要は無く、もちろん自宅でも使えます。持ち運びが簡単なので、キッチンに置いたりといったこともできます。

spud26.jpg

HDMI出力があればノートパソコンもつなげます。ただし解像度は高くありません。値段が高くなりすぎないように、あえて1280×720にしたとのことです。

また発色のきれいさやくっきり感も、液晶には負けると思います。細かい文字を読む作業には解像度のこともあって不向きだと思います。SPUDは液晶ディスプレイを完全に置き換えるようとするものではなく、あくまで補助的なディスプレイではないでしょうか。

spud24.jpg

コンパクトなプロジェクター自体は既に存在します。しかしSPUDは奥行きを短くするため、普通の物と比べて投影角度が大きくなるように設計されています。

spud4.jpg

またスクリーンは、畳んでもしわになりにくい素材が使われています。頻繁に畳むことを考えると、とても重要な点ですね。

spud3.jpg

画面の大きさは、対角線24インチです。縦横でいうと、幅53cm x 高さ28cmです。

spud2.jpg

プロジェクターの光源はLED、表示方式はDLPです。

spud17.jpg

まとめ

お値段は$389+送料$39で、$428(約46,300円)です。

2016/12/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1677563729/the-spontaneous-pop-up-display-spud

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons