首にかけて使うポータブルクーラー。もちろん単なる扇風機ではないです | N2

n2_1 admin




N2_1.jpg

N2は、首からかけて使う、モバイルクーラーです。もちろん単なる送風ファンではないです。

使い方

自転車に乗ってペダルを漕いでいると、暑くなります。

N2_5.jpg

そこでN2を首にかけると・・

N2_6.jpg

首が冷却されて涼しくなりました。一般に暖めるのは簡単ですが、冷やすのは難しいです。それを強引ながらも実現した・・というのが、このN2です。

例えばスマホでアプリを使っていると熱くなります。このことからもわからるように、熱くすることは簡単です。しかしその逆は難しいです。

N2_7.jpg

さらにスマホとBluetoothで接続して、音楽を聴くこともできます。

N2_8.jpg

耳を塞がないので、車などの音にも気づくことができます。

N2_9.jpg

N2は冷やすだけでなく、暖めることもできます。クーラーの設定温度が2.7℃(37F)に設定されています。

N2_10.jpg

寒いので部屋の中なのにパーカーを着てしまっています。

N2_11.jpg

そこでこのN2を使うと・・

N2_12.jpg

暖かくなり、パーカーを脱ぎ捨てました。まあ暖かくと言っても首回りだけなので、寒いなら上着は必要ですが・・。

N2_15.jpg

あるいはハイキングのようなアウトドアでも使うことができます。

N2_16.jpg

開発元によれば、こういった首を冷やすグッズはすでにあるが、使用時間に制限があります。というのは、事前に水を凍らせて使うというような方式なので、氷が溶けてしまったらそれ以上は使えないためです。

N2のメリットは、電気さえ供給すれば時間の制限無く使えることです。そう、電気さえ供給すれば・・

N2_4.jpg

しかしN2は電気とペルティエ素子を使って冷却するという性質上、バッテリーを接続しなければなりません。Micro USBで接続し・・

N2_13.jpg

モバイルバッテリーに接続します。6000mAhのバッテリーで2時間使用可能とのことです。6000mAhだと、そこそこかさばりますし、あまり軽くないです。例えばAnkerの5000mAhのものだと118gです。

N2自体はバッテリーを内蔵していません。6000mAhも内蔵しようとすると本体が大きくなりすぎて、しかも首が重くなってしまうからだと思います。他の製品が氷で冷やしているのも、こういったところが理由だと思います。

N2_14.jpg

まとめ

お値段は$109+送料$25で、$134(約14,000円)です。

2016/10/29まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1079165658/n2-a-stylish-electric-scarf-from-the-future/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons