パラシュート+4枚電動プロペラで空を飛ぶ。パラモーターを自作した人が登場 | REVOLT(リボールト)

revolt7 admin




REVOLT7.jpg

REVOLT(リボールト)は、パラシュート+4枚プロペラで空中を飛ぶ装置です。パラモーターというカテゴリーになります。

開発元はイタリアのミラノです。

使い方

パラシュートとプロペラを背負って走り出しました。

REVOLT11.jpg

そして地面を蹴り、離陸。

REVOLT12.jpg

あっという間に大空へ飛び立っていきました。高度10mは超えているでしょうか? 旋回しているところを見ると、風が気持ちよさそうです。

REVOLT13.jpg

Revoltは、フレームに4つの電動プロペラとバッテリーを搭載したものです。これを背負い、さらにパラシュートを体に取り付けて飛びます。

REVOLT2.jpg

開発元によれば、エネルギー効率が非常によく、なおかつ短距離で離陸できるとのことです。ヘリコプター方式だと真上に上昇できるので離陸距離はゼロですが、エネルギーが必要です。

Revoltのようなパラシュートを組み合わせた方式だと離陸に距離は必要ですが、パラシュートが浮力を生むのであまり電力を使いません。飛行機と比べても格段に軽く、エネルギーの消費が小さいということのようです。

REVOLT20.jpg

では陸上の乗り物と比べるとどうなのか? グラフの左側が二酸化炭素排出量で、右側が1kWhで移動できる距離です。グラフを見るとRevoltは二酸化炭素排出量が少なく、電気自動車と比べても1kWhで移動できる距離は圧勝です。

もっともこれは、エネルギーだけ見れば、という話ですが・・。

REVOLT21.jpg

燃費だけ見れば最強かもしれませんが、安全性に関する疑問も当然でてきます。落ちたら無事では済みませんね。

REVOLT10.jpg

このことについてはプロペラを4つ搭載しており、3つまで故障しても耐えられる冗長性を持っている、と開発元は述べています。

しかし故障以外で墜落したらどうするのか・・? 一応、緊急脱出用のパラシュートを収納できるようになっているので、うまくやれば脱出できます。パラシュートは自分で買ってきてくださいとのことです。

REVOLT16.jpg

着陸するときは徐々に高度と速度を下げて・・・

REVOLT14.jpg

無事着陸できました。これもなかなか難しそうです。速度を下げすぎると真下に落下しそうですし、速すぎるとこけそうです。

REVOLT15.jpg

ここに至るまでの開発の道のりは平坦ではなかったとのことです。無人のラジコンと違い、人間を載せると重いので、その分推力も必要です。簡単ではなかったと思います。一番必要だったのは試乗するときの勇気かもしれませんが。

REVOLT17.jpg

Revoltはこんな使い方もできます。一見すると普通の自転車ですが・・

REVOLT18.jpg

実はRevoltを背負って、プロペラの力で走っていました。これは電動自転車になるんでしょうか、謎の乗り物ですね。道ですれ違った人はびっくりしそうです。

REVOLT19.jpg

まとめ

お値段は€4,980+送料€50で、€5,030(約583,000円)です。

2016/10/20まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1897260901/revolt-your-revolutionary-and-affordable-aircraft

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons