試作品あり。iPhone 7でイヤホン端子と充電が同時にできるグッズ | iLDOCK

ildock1 admin




iLDOCK1.jpg

iLDOCKは、iPhone 7にイヤホン端子とLightningを同時に使えるようにするグッズです。イヤホン端子で音楽を聴きながら充電が同時にできます。

使い方

いろいろな点が改良されたiPhone 7。

iLDOCK2.jpg

大きな変更点として、iPhone 7ではイヤホン端子が廃止されました。その代わりLightning端子に差し込めるイヤホンが付属しています。

しかしLightning端子用のイヤホンで音楽を聴いていると、その間はコネクタがふさがってしまうので充電ができません。

iLDOCK3.jpg

そこで生み出されたのがiLDOCKです。iPhoneのLightning端子に差し込んで使います。非常に単純明快で、イヤホン端子とLightning端子が両方ついているので、同時に使うことができるというわけです。

iLDOCK4.jpg

iLDOCKを使うと、イヤホン端子で音楽を聴きつつ充電することができます。

もちろんBluetoothのイヤホンを使えば、iPhone 7でも音楽を聴きながら充電することはできます。またBluetoothレシーバーを使えば、有線のイヤホンをBluetooth化することもできます。

そういった方法と比べた時のメリットは、Bluetoothグッズと違って充電が不要というところでしょうか。そのかわりiLDOCKをつなげると、iPhoneの下部がでっぱります。

iLDOCK9.jpg

通常のiLDOCKはLightningとイヤホン端子のみです。iLDOCK PLUSはその二つに加えて、MicroSD、SD、USBコネクタがついています。

iLDOCK16.jpg

例えばミラーレスや一眼レフで撮った写真をiPhoneで見たい。

iLDOCK6.jpg

そんな時はSDカードをiLDOCK PLUSに差し込めば、iPhoneでSDカードの中身を見ることができます。

iLDOCK8.jpg

対応機種はiPhone 7だけでなく、Lightningがついている過去のiPhoneやiPadにも対応しています。

iLDOCK17.jpg

試作品

Kickstarterでは、実際に動作する試作品(working prototype)が必須になっています。単なる構想やガワだけでは載せることはできません。その点を考慮して、開発元はデモ動画を載せています。

まずiLDOCKを使って充電しています。充電画面が表示されています。

iLDOCK10.jpg

さらにイヤホン端子をつなぐと、イヤホンから音が流れ出しました。動画はノーカットです。

iLDOCK11.jpg

Plusのほうのデモもあります。左側がPlus、右側が通常盤です。コネクタが多い分Plusのほうが大きいです。

iLDOCK13.jpg

iLDOCK Plusを使ってSDカードを刺すと、中身がiPhoneのアプリで表示されました。

iLDOCK14.jpg

今度はMicro SDを刺しました。やはり中身が表示されました。動作しているようです。

iLDOCK15.jpg

Lightning端子に接続する機器は、AppleによるMFi認証が必要です。認証が無いと単なる充電ケーブルでも、iOSの画面にエラーが出てきます。MFi認証のことは開発元も認識しており、今後の報告を待ってくださいとのことです。

まとめ

お値段は通常版が$10+送料$4で、$14(約1,400円)です。
Plusは$20です。

2016/10/28まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/291423994/ildock-charge-and-listen-to-iphone-7-at-the-same-t#

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons