シャーペンのようで違う…マグネットで芯が出てくる鉛筆 MAGNO(マグノ)

admin




magno1.jpg

MAGNO(マグノ)は、マグネットで芯が動く鉛筆です。イギリスのブリストルで開発されました。

この機構は世界で初めてとのことです。わざわざこんな物好きなことする人はいなさそう、というのが大きいと思いますが。

使い方

普通の鉛筆は数週間で短くなり、使えなくなってしまいます。しかし、MAGNOなら芯を替えればほぼ一生涯使えます。

magno2.jpg

使うには、リング部分を移動させて芯を押し出します。リングは本体の外側にありますが、これを移動させるだけで中の芯が動きます。

pen20.jpg

芯が長くなりました。

pen21.jpg

MAGNOは内部の芯部分にマグネットがつけてあり、これが外部リングのマグネットの動きと反応して芯を移動させています。

magno13.jpg

色にはArctic Frost、Champagne Gold、Slate Grey、Strawberry Goldの4種類あります。

magno4.jpg

Arctic Frostにはビジネスにはぴったりの高級感があり、持っているだけでラグジュアリーな気分になれそうです。

magno5.jpg

Slate Greyにもそれに負けないシンプルな美しさがあります。

MAGNO6

Champagne Goldは、ワインを片手に優雅な気分で書き物をしたいときにぴったりです。

magno7.jpg

そして、華やかで可愛らしい雰囲気のあるStrawberry Gold。

magno8.jpg

解体してもなお高級感があるのが素敵です。

magno9.jpg

替え芯12本と、

magno10.jpg

芯を削る削り器も付属します。

magno11.jpg

サイズは長さ147.5mm、幅8.0mmです。また、リングの長さは5.0mmです。

magno12.jpg

まとめ

お値段は£25 + 送料£5で、計£30(約4,000円)です。

2016/9/20まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/238708282/magno-the-worlds-first-magnetically-controlled-pen

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons