新発想…。月20枚まで無料で写真を印刷して郵送してくれるアプリ | Flag

admin




flag1.jpg

Flagは、月20枚まで無料で写真を印刷して送ってくれるアプリです。サービス立ち上げの資金集めのためのクラウドファンディングプロジェクトです。

無料になっているのには理由があるのですが、発想がおもしろいと思います。

使い方

写真を見返すと、過去の様子が簡単にわかります。まるでタイムマシーンのようだ、しかし高品質の紙の写真を手に入れることは簡単ではない、とFlagの開発元は言います。

flag7.jpg

そこで開発元が作ったのが、Flagというスマホアプリです。現在はiOS用のみです。Flagから印刷したい写真を選びます。

flag8.jpg

すると紙に印刷し、葉書にして送ってくれます。これだけなら珍しくはないです。しかしFlagは無料です。月20枚までなら、アメリカ国内の送料は無料で印刷して送ってくれます。

flag9.jpg

なぜ無料なのか? 印刷するのも郵送するのもお金がかかります。ここがおもしろいのですが、Flagで写真を印刷すると広告が入ります。

flag10.jpg

裏側は、自分が指定した普通の写真です。広告はありません。

flag14.jpg

表面は右側にでかでかと広告が入ります。

flag15.jpg

この広告費によって印刷代と郵送代を捻出し、無料にしようというのがFlagです。

広告は、写真を撮った場所などに合わせて関連するものが選ばれます。例えばディズニーランドの写真には、近くのホテルの広告が入る、というような使い方が考えられます。

flag13.jpg

さらに四角い写真だけでなく、いろいろな形にカットすることができます。

flag12.jpg

星形やハート型などもできます。ペーパーフレームは無料と有料のものがあり、プレミアムペーパーフレームは有料になります。

flag3.jpg

写真のカットにはレーザーカッターを使用しています。

flag4.jpg

カットした写真はロボットアームで拾ってまとめられます。

flag5.jpg

Flag自体は、入会費や月額などの課金は一切無く、無料です。今回のクラウドファンディングとは無関係に無料です。しかし印刷機の設備などに限りがあるため、現在ユーザー登録しようとすると順番待ちになるとのことです。

そこで今回のKickstarterプロジェクトで$20(約2,030円)支援すると、順番待ち無しにFlagの使用権がもらえるとのことです。

flag2.jpg

ただしアメリカ以外には送料がかかります。日本は$200で永久送料無料とのことです。会費制ではなく、lifetime(生きている間ずっと)と書かれています。これは無理があるような気がしますが・・。

flag6.jpg

まとめ

写真に広告を入れる代わりに、印刷も送料も無料である・・。広告費による運営は、駅に置いてあるフリーペーパーやgmailなどをはじめとして、あちこちであります。しかし個人的な写真に入れるというのは新しいと思います。

裏面は広告のない普通の写真なので、うざくはないと思います。やっぱり気が変わったら、スマホの画面で見るなり自分で写真屋に持って行くなりすれば済みます。データは自分で持っているので、それこそフリー(自由)です。

ただ印刷も送料もそれなりにかかるので、広告費だけでは採算性割れするのではないか、とも思います。広告効果自体はあると思いますが、広告主(広告を出したい事業者)を集めるのが大変です。このFlagがものすごく有名になればまた別ですが・・。

2016/9/23まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/flag/flagthe-best-photo-prints-ever

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons