MacBook Pro/AirにGPUを外付けして、3Dの重いゲームを遊ぶ拡張機器 | Wolfe(ウォルフ)

admin




Wolfe1.jpg

Wolfe(ウォルフェ)は、MacBook Pro/AirにGPUを外付けして拡張するものです。

使い方

スタイリッシュなデザインが人気のMacBook ProやAirですが、ゲームをするためには作られていません。GPUを駆使するようなゲームには不向きです。

Wolfe11.jpg

かといって据え置きのMac Proだと持ち運びができませんし、かさばります。

Wolfe13.jpg

ハードディスクならケーブルをつないで外付けできるのに、GPUでなぜ同じことはできないのか?

Wolfe14.jpg

そんな疑問から作られたのが、Wolfeです。

Wolfe15.jpg

Wolfeは、側面についているThunderboltポートを使ってGPUを外付けしようというものです。

Wolfe12.jpg

Wolfeを取り付けたところがこちら。あたかも外付けドライブかのような外見ですが・・

Wolfe2.jpg

3Dのグラフィック処理がWolfe側で行われ、重いゲームを遊ぶことができます。

Wolfe17.jpg

下の画像では、左側がMacBook Pro、右側がMacBook Pro+Wolfeです。Wolfeの方は25-30枚/秒ぐらいの速度が出ていますが、素のMacBook Proでは3枚/秒になっています。確かに3Dを駆使するゲームは高速化されています。

Wolfe18.jpg

VRゴーグルもGPU処理能力をかなり必要としますが、そういったハードウェアにも将来的には有用ではないかとのことです。ただ現状は、Oculus Rift、HTC ViveともにMac OSには対応していません。

Wolfe3.jpg

ゲームでなくても、動画編集といった用途にも役立ちます。

Wolfe4.jpg

対応しているインターフェイスは、Thunderbolt 2とThunderbolt 3です。ProやAirでない現行MacBookにはThunderboltがついていないため(USB Type-Cのみ)、Wolfeを使うことはできません。

Thunderboltインターフェイスは、GPUなどを接続するのに使われるPCI Expressと、画面出力であるDisplayPortを足し合わせたものです。この仕様のおかげで、GPUを外付けすることができます。

Wolfe8.jpg

それなりにかさばりますが、一応持ち運ぶこともできます。

Wolfe10.jpg

搭載しているGPUは、WolfeがNvidia GTX 950、Wolfe ProがGTX 970です。どちらも外部モニターをつなぐためのHDMIポートがついています。

外部モニターを使わない場合はMacBook Pro/Airの内蔵ディスプレイを使って表示できます。

ただし搭載しているコネクタがThunderbolt 2の場合は、転送速度の関係で外付けモニター推奨とのことです。内蔵ディスプレイを使う場合はWolfeでレンダリングした画像をMacBook側に戻す必要がありますが、このときの画面転送がネックになるようです。

Wolfe16.jpg

Thunderboltを使ってGPUを外付けしよう、というアイデアはこれが初めてではありません。別の開発元が2015年にKickstarterに載せていました。bull.boxというものです。

https://www.kickstarter.com/projects/bullbox/external-graphics-card-for-macbook

bull.boxはあまりお金が集まらず、開発元が自主的にキャンセルしました。今回のWolfeはタイミングなのか広め方の違いなのかわかりませんが、既に2600万円集まっています。

まとめ

お値段は$449+送料$75で、$524(約53,600円)です。
Pro版は$599です。

2016/9/24まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/thewolfe/the-wolfe-supercharge-your-laptop

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons