iPhoneに刺すだけで、手軽にレーザーで距離を測るグッズ | iPin(アイピン)

Pic18 admin




Pic18.jpg

iPin(アイピン)は、室内空間をiPhoneで手軽にレーザーで測定することができる測定器です。

開発元は台湾です。

使い方

室内空間を測るとき、メジャーが使われています。しかしこれだと大変なこともあります。

Pic2.jpg

それが、このiPin(アイピン)を使えば、実に手軽に測ることができます。使い方はこうです。iPhoneのイヤホンジャックにこの製品を差し込み、90°回します。

Pic3.jpg

するとiPin(アイピン)からレーザーが発射されます。

Pic4.jpg

iPinは、そのレーザーによって対象物との距離を把握するのです。

Pic5.jpg

計測はアプリから行います。

iPhoneに専用アプリをダウンロードし、起動すると、このような画面が立ち上がります。この画面からiPin(アイピン)をコントロールします。

Pic6.jpg

対象物までの奥行きを測るときは、ディスタンス・モードにします。

Pic11.jpg

レーザーを対象物に当て、四角い赤ワクをレーザードットの位置に合わせます。

Pic12.jpg

カメラアイコンをタップすると、対象物までの奥行きが表示されます。

Pic13.jpg

対象物の大きさを測るときは、センチメートル・モードにします。

Pic14.jpg

レーザードットに四角い赤ワクを合わせ、カメラアイコンをクリックすると、赤ワクが三角形になります。

Pic15.jpg

画面上にはポイントからポイントまでの距離が表示されるので、ポイントを指で動かし、対象物の隅に合わせます。

Pic16.jpg

対象物の縦と横の長さが表示されます。一度カメラで撮影してしまえば、縦横の長さはアプリの中だけで測ることができます。再度レーザーを向けて測定しなくても可能です。

奥行きは、測りたい箇所ごとにレーザーを当てて測定しないといけません。カメラの画像だけではわからないためです。(Kinectのようなものでないかぎり)

Pic17.jpg

iPin(アイピン)を使用中でも、iPhoneの他の機能はすべて使うことができます。今のところ、対応している機種はiPhone5以降で、対応OSはiOS8.0以降です。

Pic10.jpg

これがあれば、測りにくい室内でも手軽に測れますね。

まとめ

お値段は$36+送料$10で、$46(約4700円)です。
2016/8/27まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/the-world-s-first-spatial-ruler-for-your-iphone–2#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons