ゾンビドラマ「ウォーキングデッド」のボードゲーム版が登場 Walking Dead No Sanctuary

walkingdead1 admin




walkingdead1.jpg

Walking Dead No Sanctuaryは、アメリカのTVドラマ「The Walking Dead」のボードゲーム版です。

制作元は、ゾンビ文化(?)の震源地であるアメリカです。

使い方

The Walking Dead(ウォーキングデッド)は、ゾンビだらけの街で生き残るために登場人物が苦闘するテレビドラマです。日本でも有名です。このNo Sanctuaryは、ドラマをボードゲームとして遊べるようにしたものです。

No Sanctuaryは、ドラマの制作元であるケーブルテレビ局「AMC」の公式ライセンス品です。AMCの公式サイトにもプレスリリースが載っています。ボードゲーム自体を作っているのはドラマ版とは別の会社です。

Cryptozoic Entertainment’s The Walking Dead: No Sanctuary Board Game Comes to Life on Kickstarter

walkingdead4.jpg

$115のセットには、ドラマの登場人物にそっくりなフィギュアもついてきます。ポーズも、銃を構えていたり、走り出すところであったりして、躍動感があります。

walkingdead3.jpg

そして欠かせないのが、ゾンビフィギュアです。わざとなのかコストの問題なのかわかりませんが、全部同じ形をしていて不気味です。いかにも沸いてきました感があって、これはこれでよさそうです。

walkingdead2.jpg

No Sanctuaryは協力ゲームです。シナリオの目的を達成すればクリアで、プレイヤー全員の勝利です。イベントカードがつきる、プレイヤーが死ぬ、もしくは士気がゼロになるとプレイヤー全員の負けです。

プレイヤーはそれぞれキャラクターを選んでプレイします。キャラクターごとにそれぞれ持っている能力が異なります。この能力も、ドラマの内容が反映されています。プレイヤー同士うまく役割を分担し合って、シナリオをクリアする必要があります。

walkingdead6.jpg

ゲームの盤面は、マップタイルを並べて作ります。シナリオごとにマップ配置は異なります。

walkingdead5.jpg

カードを引いてランダムでイベントが起こります。プレイヤーは協力して対処していきます。

walkingdead7.jpg

ダークソウルのボードゲームもそうですが、楽しむためには

・原作を知っている
・時間のかかるボードゲームが苦にならない

という条件を満たす必要があり、人集めが難しいと思います。原作を知らなくてももちろん遊べますが、いまひとつ盛り上がりに欠けそうです。

まとめ

お値段は$115(約12,200円)です。送料別です。

2016/8/2まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/cze/the-walking-dead-no-sanctuary

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons