カメラをクレーンにつけて上から見下ろす動画が撮れる CarryOn Jib(キャリーオン・ジブ)

admin




CarryOnJib1

ドラマや映画で、上から見下ろしている場面ってありますよね。CarryOn Jib(キャリーオン・ジブ)は、カメラをつり上げるクレーンです。これを使えば、個人で上から見下ろす場面(クレーンショット)を撮ることができます。

GoPro(頑丈なカメラ)で動画を撮ってYouTubeに載せる、ということがここ数年流行っています。CarryOn Jibもそういったアマチュア動画向きです。(ハイアマチュア、とも言われています)

実際に使っているところ。てこの原理でカメラを持ち上げることができます。

CarryOnJib5

かなり高いところから撮っています。下からではこういう絵はとれません。

CarryOnJib3

斜め下へなめらかに画面が移動していきます。ブレがなく、すごくプロっぽい動画です。

CarryOnJib4

動画はこちら。20秒目から実際に使っている場面が流れます。

仕様

カメラと反対側のハンドルを持って操作します。

CarryOnJib6

本体はアルミフレームで、分解して持ち運べるぐらい軽いです。

CarryOnJib7

手元側についている輪は、てこでカメラを持ち上げるための重しです。

CarryOnJib8

高いところから撮るのが目的ならば、ラジコンヘリ(ドローン)で空中撮影でも実現できます。(例えばHEXO+など )

クレーンの場合は細かいカメラ位置を決められるのと、バッテリーを気にしないでいいのがメリットです。ラジコンだと微妙なスクロール(パン撮影)は難しいです。

逆に、細かいことを気にせずにカメラで被写体を追いかける、というのはラジコンヘリでないと無理です。

まとめ

お値段は180cm版で$279+送料$75で、$354(約3万5400円)です。個人でクレーン撮影が使えると考えると、手の届く値段だと思います。すごい時代になったなあと実感します。

2014/7/30まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/proamusa/carryon-jib-the-most-compact-yet-full-sized-camera

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons