Androidアプリがマルチウインドウで動くRemix OSを搭載したノートPC | HYBRX PC(ハイブリックス)

admin




azpen1.jpg

HYBRX PC(ハイブリックス)は、OSとしてRemix OS 2.0(3.0へアップグレード予定)を搭載したノートパソコンです。Androidのアプリがマルチウインドウで動くところが特徴です。

使い方

こちらがHYBRXです。一見すると普通のノートパソコンに見えます。

azpen2.jpg

しかしOSとしてWindowsやMacではなく、Remix OSが搭載されています。Remix OSはAndroidをベースにしており、Androidのアプリが動きます。

azpen4.jpg

しかし普通のAndroidと違うところは、マルチウインドウで動作し、デスクトップOSのように使える点です。ファイルマネージャーもあります。

azpen5.jpg

ファイルマネージャーのウインドウを複数開いて、ファイルをドラッグアンドドロップで移動させることもできます。

azpen6.jpg

さらに動画再生もできます。

azpen7.jpg

Androidのアプリが動くので、Facebookなどのアプリも使えます。

azpen8.jpg

ただしディスプレイはタッチパネルではありません。この点はAndroidスマホやタブレットと異なります。画面をタッチする代わりに、タッチパッドとキーボードで操作します。

コピー&ペーストもできるので、文章を書くのには向いています。

azpen9.jpg

試作品による実機デモ動画も開発元が用意しています。マルチウインドウでソリテアを遊んだり・・

azpen10.jpg

メールを書いたりしています。

azpen11.jpg

動画はこちら。

Remix OS自体は今回のHYBRXに限ったものではなく、他にも搭載機が存在します。Remix OSの公式サイトに、ライセンス料は無料だと書いてあります。Remix OSの開発元自体も、自らノートパソコン小型PCを作ってKickstarterに載せていました。

主なスペックは次の通りです。

CPU: Allwinner A64 Cortex A53 クアッドコア
画面: 11.6インチ 1366 x 768
SDカードスロット: 128GBまで
重量: 1.08kg

お値段は
・メモリ1G、16GB FLASHが$69+送料$25
・メモリ2G、32GB FLASHが$89+送料$25
です。

画面解像度が低いとは言え、めちゃくちゃ安いですね。キャンペーン特価であっても採算割れの危険を感じますが・・。試作品が動いていることは動いているのでしょうが、量産は大丈夫なのか、という面もあると思います。

Remix OSの開発元でもRemix Mini(小型PC、ディスプレイなどはなし)が販売されていますが、そちらは$89.99です。
https://shop.jide.com/en/detail?pid=10

まとめ

2016/8/5まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/hybrxpc/ultra-slim-laptop-with-android-51-os-and-remix-os

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons