驚異的に複雑・・。マウス自体を傾け指の腹を駆使する、究極のゲーム用マウス | The Z

admin




 

TheZ1.jpgThe Zは、ゲーム用マウスです。

しかし驚異的なまでに仕掛けが複雑です。本当にこれを操作できるのか?というぐらいややこしいです。

使い方

The Zの最大の特徴は、マウスの傾きを検知することです。今は水平ですが・・

TheZ2.jpg

片側を少し浮かせて、マウスを傾けました。どれぐらい傾けたかというのが、ゲーム側で検知できます。

TheZ3.jpg

これだけ見ていると、マウスを傾けて何がうれしいのか・・という感じもします。しかしちゃんと使い道はあります。例えばFPS(3Dシューティング)で木に隠れて、マウスを右に傾けると・・

TheZ5.jpg

頭と銃だけ木の陰から出す、ということができます。左手でキーボードを操作してもできますが、より直感的(?)かもしれません。

TheZ6.jpg

レースゲームでは、ハンドルの回転をマウスの傾きで操作することができます。傾きの程度が認識されるので、微妙に右にハンドルを切る、といったことができます。

OSから見るとアナログコントローラーとして認識されるため、既存のゲームでそのまま使えます。OSはWindowsとMacに対応しています。

TheZ7.jpg

傾きだけではありません。マウスの向きも認識します。マウスが右向きなのか、左向きなのか、これも操作の対象にすることができます。

TheZ9.jpg

これで何をするのかというと、例えばFPSで前進しているとき・・・

TheZ11.jpg

マウスを右に向けることで、前に進みながら右を見る、ということができます。右方向の様子をうかがいつつ、移動は前に進む、という動作です。

移動はし続けたいが、左右に敵が居ないか確認したい、というような用途です。

TheZ12.jpg

The Zは机につけていなくても動作します。これを活かし、フライトシミュレーターで機体の操作をすることもできます。マウスの傾きで機体を左右に傾け、マウスの向きでラダー(機体の首振り)を行う、といった割り当てです。

TheZ14.jpg

The Zの機能はこれだけではありません。The Zには指の腹で押すボタンもついています。

TheZ15.jpg

指の腹の部分で、マウス手前側にあるボタンを押します。これとは別に普通の左ボタン、右ボタンは別にあります。ややこしいですね!

こんなものを何に使うのか?という気もしますが、例えば銃のリロードに割り当てるという使い方を想定しています。よくキーボードのRボタンに割り当てられている動作ですね。

TheZ17.jpg

指の腹だけではありません。指の先端で押すボタンまでついています。

TheZ18.jpg

下の写真では、人差し指の先端付近にある、灰色の小さいボタンです。これもややこしいですが、普通のボタンとは別です。

TheZ19.jpg

MMORPGのように、比較的ボタン操作が多いゲームで役立ちます。元々MMORPG用には、親指の部分に山ほどボタンがついたマウスも販売されています。

TheZ21.jpg

The Zは単にボタンが多いだけではありません。ボタンの押す深さも認識します。例えば2mm押したのか10mm押したのかで、動作を変えることができます。

TheZ22.jpg

レースゲームでアクセルの踏み具合を、ボタンの押す深さで操作することができます。ボタンを浅く押せばアクセルも浅く、深く押せばアクセルも深くなります。

TheZ23.jpg

FPSでも使い道はあります。

TheZ24.jpg

マウスボタンを浅く押すと、ライフルのスコープをのぞき込みます。

TheZ25.jpg

深く押すと射撃することができます。

TheZ26.jpg

さらにマウス移動の分解能も、ボタン操作で変えることができます。しかもマウスの側面に現在の設定値が表示されます。

TheZ27.jpg

ある意味、究極のゲーム用マウスだと思います。しかしこれを使いこなすというのもかなり大変そうですが・・。マウスの上下左右移動、傾き、マウスの方向、クリック、指の腹クリック、指先クリック、押す深さ。これを全て使いこなせたらすごいです。

まとめ

お値段は$139+送料$15で、$154(約15,800円)です。

2016/8/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1649358926/the-z

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons