クラブやライブハウスの重低音をどこでも感じたい…音楽を体感するグッズ | Basslet(ベースレット)

admin




Basslet1.jpg

Basslet(ベースレット)は、音楽を体で感じるためのグッズです。いわば体感グッズ、でしょうか。

開発元はドイツのベルリンです。

使い方

クラブで流れる4つ打ちのズンズンというビート・・

Basslet19.jpg

あるいはロックのライブに行ったときに感じる、体に響くバスドラムの重低音・・

Basslet9.jpg

「bass(低音)を感じるべきだ」、Bassletの開発元はこう言います。

Basslet8.jpg

しかし日常生活ではなかなかそういうわけにはいきません。スピーカーで体に響くような音を鳴らそうとすると、部屋に防音が必要です。ヘッドフォンで音量を上げると難聴になってしまいます。

Basslet10.jpg

そこで生み出されたのが、この腕時計型のデバイスBassletです。

Basslet2.jpg

Bassletは腕に巻き付けて使います。するとイヤホンから流れる音楽に合わせて、Bassletが振動します。音量は上げずに、音楽を体感できるというグッズです。

Basslet11.jpg

仕組みはすごく単純です。中に重りが入っていて、音楽に反応して上下に動きます。左半分の下側に、白い物体が見えますがこれが動きます。

Basslet6.jpg

物体が上の方に移動しました。この反動が腕に伝わってビートを感じるという仕組みです。

Basslet7.jpg

動画はこちら。すぐにデモが始まります。

<!– noformat on –>
<video controls=”controls” preload=”none”>
<source src=”https://ksr-video.imgix.net/assets/012/774/847/e7fd9e1a62666dfbd597fa80c1c102b5_h264_high.mp4″ type=”video/mp4; codecs=&quot;avc1.64001E, mp4a.40.2&quot;”>
<source src=”https://ksr-video.imgix.net/assets/012/774/847/e7fd9e1a62666dfbd597fa80c1c102b5_h264_base.mp4″ type=”video/mp4; codecs=&quot;avc1.42E01E, mp4a.40.2&quot;”>
<source src=”https://ksr-video.imgix.net/assets/012/774/847/e7fd9e1a62666dfbd597fa80c1c102b5_webm.webm” type=”video/webm”>
You’ll need an HTML5 capable browser to see this content.
</video>
<!– noformat off –>

Bassletを使うには、スマホなどの音楽プレイヤーをBassletのSender、すなわち送信機につなぎます。接続はステレオミニプラグです。

さらにイヤホンのケーブルをSenderにつなぎます。
スマホ <–> Sender <–> イヤホン、という構成です。

Basslet5.gif

SenderからBaselet本体に無線で信号が送られ、音楽に合わせて振動します。ヘッドフォン用の端子があればどんな機器にでも使えます。

Basslet4.gif

Spotify(音楽配信サービス)の取締役も、感想を述べています。

Basslet13.jpg

これは強烈だ。曲がもっともっとアグレッシブになっていくかのようだ、と述べています。

Basslet14.jpg

このぐらいの小さいサイズで、同じことを実現しているものはなかった。だから自分たちで作ったんだ。開発元の技術責任者はそう言っています。

Basslet16.jpg

街中を歩くときや・・

Basslet12.jpg

電車の中でさえ、ビートを感じながら音楽を聴くことができます。

Basslet18.jpg

低音さえ入っていれば、音楽のジャンルは問わないとのことです。

まとめ

お値段は€129+送料€10で、€139(約16,300円)です。

2016/6/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/basslet/the-basslet-a-wearable-subwoofer-for-your-body

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons