自転車走行中に様々なデータを見られるゴーグル | Solos(ソロス)

solos1 admin




solos1.jpg

Solos(ソロス)は、メガネ型のディスプレイです。自転車に乗るときに使います。

内蔵センサーで走行中に様々なデータを収集し、ディスプレイで目の前に表示してくれます。すべて自動なので、操作の必要がありません。

使い方

使い方はいたって簡単です。普通のゴーグルと同じようにかけます。右脇についているアームを調節し、先についている小型ディスプレイを目の高さにセットします。

Pic2.jpg

データを表示する瞳孔サイズのディスプレイを手前側から見ると、下の写真のように見えます。目には、実際の大きさの3倍に見えます。

Pic3.jpg

走行中のゴーグルの視界です。ディスプレイの表示は最小限度なので、視界を邪魔することはありません。自転車のスピードを表示しています。

Pic4.jpg

ギアの回転数を表示しています。

Pic5.jpg

消費体力、及び心臓の心拍数を表示しています。

Pic6.jpg

行き先をナビゲートすることもできます。高低差やカーブの度合いまで表示されます。

Pic7.jpg

スマホに専用のアプリをダウンロードすることで、スマホにSolos(ソロス)が収集したデータを表示することができます。

Pic8.jpg

Solos(ソロス)にはGPS機能があるので、現在位置や走ったコースなどを表示することができます。

Pic9.jpg

バッテリーは6時間持ちます。アプリはiOS、及びAndroid共に対応しています。

Pic10.jpg

そういえばGarminもメガネ型を出していましたね。

まとめ

お値段は$350(約38,500円)です。アメリカ、カナダのみ発送可能となっています。

2016/6/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1101608300/solos-smart-cycling-glasses-with-heads-up-micro-di

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons