一切手を動かさず、乗り降りするだけで施錠解錠する自転車ロック | I LOCK IT(アイ・ロック・イット)

Pic12 admin




lock1.jpg

I LOCK IT(アイ・ロック・イット)は、乗り降りするだけで施錠、解錠してくれる自転車用ロックです。

開発元はドイツです。

使い方

使い方は簡単です。スマホを持って自転車に近づきます。

Pic2.jpg

ロックが解錠されます。

何かボタンを押したり、自転車からロックを取り外す必要すらありません。ただ近づいて自転車に乗るだけです。

Pic3.jpg

自転車から離れます。

Pic4.jpg

すると施錠されます。この場合も同じく、ロックを取り付けたり、レバーを操作して鍵をかけるなどの手間は一切不要です。ただ降りて離れるだけです。

Pic5.jpg

もし、スマホを忘れたり、バッテリーが切れてしまってもロックを解錠する方法はあります。I LOCK IT(アイ・ロック・イット)のボタンを押して、あらかじめ登録しておいた8桁のコードを入力するのです。

Pic6.jpg

このコードは、スマホにダウンロードした専用アプリから変更することができます。スマホに専用アプリをインストールし、I LOCK IT(アイ・ロック・イット)を登録することでスマホを認識します。スマホまでの距離をBluetoothを使って測り、施錠/解錠を行うのです。

Pic7

誰かが自転車を盗もうとしても安心です。自転車を持ち上げたり、ロックを外そうとすると、アラームが鳴ります。

Pic8.jpg

スマホまでの距離が100m以内であれば、警告を送ります。

Pic9.jpg

GPS機能があり、自転車を置いた場所を記憶するので、スマホに表示される地図を見て、その場所まで行くことができます。

Pic10.jpg

スマホの専用アプリを利用することで、友達や家族とI LOCK IT(アイ・ロック・イット)をつけた自転車を共有することができます。

Pic11.jpg

I LOCK IT(アイ・ロック・イット)には光学センサーがついており、スポークの位置を認識します。スポークがロックにかかる場所にあるときは、ロックせずにスマホに警告を送ります。I LOCK IT(アイ・ロック・イット)のバッテリーは最低一年持ちます。

Pic12.jpg

スマホがなければ、キー・フォブという小型認証装置を代わりに使うことができます。これをもっていれば、I LOCK IT(アイ・ロック・イット)は自動で施錠/解錠を行ってくれます。

Pic13.jpg

全自動ロック、解除というのは便利だと思います。ただ鉄柵などにU字ロックで固定する場合と比べると、盗まれやすいことは否めません。

例えばコンビニに入って出てくるまでの数分間なら、さすがに泥棒もロックを壊して自転車を持ち去ることはできないでしょう。短時間の場合のみに使う、という使い分けが必要なんじゃないかと思います。

まとめ

お値段は、€89+送料€20で、€109(約13,400円)です。

2016/6/10まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/742922560/i-lock-it-the-worlds-first-fully-automatic-bike-lo

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons