1.2億円に到達、リクライリングなどこだわりまくったファミリー用自転車 | Taga 2.0(ターガ)

admin




Taga4.jpg

Taga 2.0(ターガ)は、子供を乗せられる家族向け自転車です。細かいところにいろいろとこだわっており、そこが受けたのか自転車としては異例の1.2億円集まっています。

使い方

Tagaはベビーカーを作っている会社です。過去数年間でいろいろな種類のベビーカーを作ってきました。

Taga3.jpg

今度は次世代のベビーカーを作ることができないか・・そう考えて、Tagaはユーザーに聞き取り調査を行いました。

Taga7.jpg

そうすると、いろいろな意見が出てきました。例えば、子供と親が向き合って乗れるようにすべきだ、とか・・

Taga16.jpg

水鉄砲をつけてほしい、なんていうものまでいろいろ出てきました。

Taga6.jpg

そういった意見を取り入れて生まれたのが、このTaga 2.0です。一見すると単なるファミリー自転車というか、リヤカーの前輪バージョンみたいな感じです。しかしいろいろと工夫が凝らされています。

Taga5.jpg

まず重要なのは安全性だということで、シートベルトで固定できるようになっています。

Taga9.jpg

さらにカゴの部分は金属フレームが使われていて、衝撃に強くなっています。

Taga11.jpg

また三輪車という構造上、二輪に比べると格段に安定性が高いです。ただ三輪だと横幅が大きくて邪魔なんですよね・・。そこは弱点ですが・・。

Taga10.jpg

シートの頭を載せる部分は、子供の成長に応じて高さを変えられるようになっています。

Taga12.jpg

さらにリクライニングまでできてしまいます。豪華ですね!

Taga13.jpg

かごの部分は大きいので、二人まで乗せることができます。

Taga14.jpg

座席の配置は前だけでなく、後ろ向きにもできます。子供と向き合えるようにしてほしい、という冒頭の要望が反映されていますね。

Taga15.jpg

子供同士向き合うような配置にもできます。

Taga17.jpg

子供を乗せるだけでなく、荷物を載せて買い物に使うこともできます。

Taga18.jpg

ギア部分は、日本の自転車パーツメーカーであるシマノの製品が使われています。ロードバイクではすごく有名ですね。ファミリー用とは思えないぐらいやたらと凝ってますね・・。

Taga20.jpg

ブレーキはディスクブレーキを積んでいます。

Taga19.jpg

座席部分のマウントバーには、テーブルや水筒などを取り付けることができます。

Taga21.jpg

水鉄砲をつけるなんてこともできちゃいます。これも冒頭に出ていた要望ですね。

Taga22.jpg

雨の日のために、座席部分をカバーで覆うこともできます。

Taga23.jpg

かなり大型の自転車ですが、折りたたむとワゴン車に積んで運ぶこともできます。

Taga24.jpg

重心は非常に低いです。かごを低くすることで子供を乗せやすくすることや、こけにくくすること、スピードを出すわけではないので、車輪を大きくする必要も無い、ということではないかと思います。

Taga2.jpg

横幅が大きいので、そのままだとハンドルの幅も大きくなって持ちにくいです。そこでハンドルの部分が斜めになっており、手元の部分で幅が絞られています。

Taga4.jpg

まとめ

お値段は$649+送料$279で、$928(約102,000円)です。

2016/6/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/taga2/taga-20-the-ultimate-most-affordable-family-bike

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons