麺のようなLEDルミヌードルがバージョンアップ。今回はカラーに Luminoodle COLOR(ルミヌードル・カラー)

Luminoodle COLOR1 admin




Luminoodle COLOR1.jpg

Luminoodle COLOR(ルミヌードル・カラー)は、麺のようなLEDライトです。まさにルミ「ヌードル」です。

使い方

2015年10月、Luminoodle(ルミヌードル)というグッズがKickstarterに載っていました。

麺のようなLEDライト、その名もルミヌードル。食べ物じゃないですよ(笑)

Luminoodle1

これが好評で、Kickstarterのキャンペーン終了後も自社webサイトで販売していました。出荷数は累計2万個に到達したとのことです。

ユーザーからいろいろな要望が集まり、その結果を受けて改良したのが今回のLuminoodle COLOR(ルミヌードル・カラー)です。名前の通り、カラーになりました。前作は白色光のみです。

Luminoodle COLOR16.jpg

主な用途はアウトドア、中でもキャンプ用です。一点から周りを照らすランタンと違い、線で照らすため、広い範囲を明るくすることができます。ひと言でいうと、夜店みたいな感じです。

Luminoodle COLOR17.jpg

団らん時だけではなく、テントにも使うことができます。

Luminoodle COLOR18.jpg

今回はリモコンが付属しており、色を自由に変えることができます。

Luminoodle COLOR11.jpg

こんな派手な緑色にすることもできます。

Luminoodle COLOR9.jpg

アウトドア用としてだけではありません。犬の散歩に使うなんてこともできます。ものすごく派手なので車に轢かれにくくなります。しかし派手すぎて使うのがためらわれそうですが・・。

Luminoodle COLOR7.jpg

もちろん屋内でも使うことができます。DJブースをかざったり・・・

Luminoodle COLOR5.jpg

ベッドの後ろに間接照明として使うこともできます。この使い方はなかなかいいかもしれません。

Luminoodle COLOR6.jpg

テレビの後ろに置いて、テレビと部屋の明暗差を埋めるような使い方もできます。

Luminoodle COLOR4.jpg

室内に使えるというのはいいが、どうやって固定するのでしょうか。実はケーブルに磁石が内蔵されており、鉄系の金属に貼り付けることができます。

前作でも同じ機能はありましたが、磁石の力が弱かったです。貼り付けていると剥がれそうで不安になります。そういった声を反映したらしく、今回は磁力を強化しています。

Luminoodle COLOR2.jpg

鉄に貼り付けられるのはいいですが、木製の梁に取り付けたいという場合も当然あるでしょう。そういうときは、ストラップで金属片を巻き付けることができます。

Luminoodle COLOR14.jpg

後はLuminoodleに内蔵されている磁石で貼り付ければ完了です。穴を開けたりしなくていいので、簡単に元に戻せます。

Luminoodle COLOR15.jpg

リモコンも付属していますが、ケーブル本体にもコントローラーが内蔵されています。リモコンがどこに行ったかわからない・・なんていう場合でも操作することができます。

Luminoodle COLOR20.jpg

リモコンや内蔵コントローラーを使うと、色だけでなく明るさも変えることができます。下の写真は明るい状態です。

Luminoodle COLOR12.jpg

暗くした状態が下の写真です。バッテリーを節約したい場合などに有効です。

Luminoodle COLOR13.jpg

電源はどうするのかというと、USBコネクタを使います。これが実は、意外と便利です。Luminoodle自体を充電しなくても、USBバッテリーに刺すだけで済みます。USBバッテリーさえ充電しておけば、それでスマホを充電してもいいし、Luminoodleで照明として使うこともできます。

Luminoodle COLOR21.jpg

ノートパソコンのUSBコネクタに刺すだけでも使うことができます。

Luminoodle COLOR8.jpg

紐になっているのはおもしろいが、点光源にしたい、という場合もあると思います。例えばテーブルに置く場合です。こういったときのために、専用の袋が付属しています。袋の中に入れて使うとLEDランタンになります。これは前作からある機能です。

Luminoodle COLOR22.jpg

さらに、夜目を維持するための赤色モードもあります。人間は暗いところにずっといると、慣れてきて周りが見えるようになります(暗順応)。しかし明るいものを見てしまうと、暗順応が解けてまた見えなくなります。

しかし赤い光ならば、もう一度暗いところに戻っても周りが見えます(暗順応が維持される)。キャンプで月明かりがない場合に便利です。

Luminoodle COLOR23.jpg

仕様

今回は2つのバージョンが用意されています。Luminoodle COLORは、長さ1.5mの本体、ストラップ、リモコン、ランタン化袋のセットです。

Luminoodle COLOR25.jpg

Luminoodle BASECAMPは、長さ6mの本体、ストラップ、リモコン、ACアダプター(コンセント用)、シガーアダプター、ランタン化袋のセットです。

Luminoodle COLOR26.jpg

かゆいところに手が届いた、細かい改良がたくさん入っていますね。前作を持っていますが、こちらもほしくなりましたw

まとめ

お値段は、COLORモデルが$24+送料$20で、$44(約4,900円)です。リモコン付きです。
BASECAMPモデルは$54です。

2016/4/23まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/powerpractical/luminoodle-color-and-basecamp-portable-light-ropes

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


1コメント
  1. 匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons