5.5インチ、携帯ゲーム機のようなWindows 10 PC | GPD WIN

admin




GPD WIN1.jpg

GPD WINは、携帯ゲーム機のように操作できるWindows 10 PCです。大きさは5.5インチです。

開発元は、中国の深圳(しんせん)です。

内容

GPD WINは、手で持って使えるWindows PCです。大きさは5.5インチです。

GPD WIN2.jpg

横幅15.5cm、折りたたんだ状態で奥行きは9.7cmです。手のひらサイズです。

GPD WIN4.jpg

小型のWindows機ということなら、Windowsタブレットが既に存在します。GPDが違うところは、ゲーム機のようなコントローラーがついていることです。右側のアナログスティックを操作すると、マウスカーソルを動かすことができます。

これにより、電車の中で立ちながら操作するというようなことが可能です。座って操作しても隣の人に腕が当たりにくいです。普通のノーパソだと、電車で座って操作すると結構きついです。

GPD WIN6.jpg

しかし幅15cmゆえ、キーを押すのは結構大変かもしれないです。

GPD WIN5.jpg

真ん中のスイッチを切り替えると、アナログスティックをマウス操作とゲーム用のジョイスティック入力に切り替えることができます。

GPD WIN3.jpg

主な仕様は下記の通りです。

CPU: Intel ATOM X5 Z8500、周波数 1.44GHz~2.24GHz
メモリ: 4GB
ストレージ: 128GB SDカードスロット搭載、ROM 64GB

寸法: 155mm x 96mm x 20mm
重量: 300g

バッテリー: 6000mAh、稼働時間 6~8時間
ディスプレイ: 5.5インチ タッチパネル
解像度: 1280 x 720
コネクタ: Micro USB、Mini HDMI、通常サイズのUSB(Aタイプ)

OS: Windows 10 Home

開発元によると、Windows 10のライセンス費は10.1インチ以下のサイズだと無料とのことです。bingデフォルト版のことでしょうか。詳細は不明です。

キーボードありだと9インチぐらいが下限だったので、5.5インチというサイズはおもしろいかもしれません。ただ実際に動いている場面が掲載されておらず、見せられる試作品までは到達していないようです。このプロジェクトはIndiegogoに掲載されていますが、Indiegogoの規定ではこれでも問題ありません。

もしほしいとという場合でも、最初の出荷が終わって様子を見てからの方がいいでしょうね。

まとめ

お値段は送料込みで$300(約33,900円)です。

2016/04/25まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/a-laptop-fitting-in-your-pocket–2/x/8276897#/story

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons