モナリザ、富嶽十六景、フェルメール…名画を集めたMTG用のトークンが美しい | Classic Art Tokens(クラシックアート・トークン)

admin




tokens1.jpg

Classic Art Tokens(クラシックアート・トークン)は、モナリザ、富嶽十六景、フェルメールなどの名画を集めたカードです。

使い方

Classic Art Tokensは、トレーディングカードゲームを遊ぶときに使う、補助カードです。実質的に、Magic: the Gathering(以下MTG)で使うことを想定しています。トレーディングカードゲームの元祖であり、今でも続いているカードゲームです。

tokens2.jpg

MTGではカードを使ったときの特殊能力で、新たなクリーチャー(プレイヤーの手下)を生み出すことがあります。例えば下のカード「骸骨化」は、スケルトンをプレイヤーの手下として新たに生み出します。名前の通り骸骨にしてしまう、というカードです。

しかし骸骨が新たに生まれるとき、そのことを記録しておかないと訳がわからなくなります。そのときに目印として使われるのが「トークン」です。ビー玉でもおはじきでも何でもいいですが、スケルトンが一匹出てくる度に一個おはじきを置いておく、というような使い方をします。スケルトン以外にも、トークンが使われる状況はいろいろあります。 画像出典: Wizards of the Coast

tokens3.jpg

特殊効果を記録しておくにはおはじきでもいいのですが、それでは味気ない・・。そこでこのプロジェクトの責任者が作ったのが、Classic Art Tokensというわけです。

下の画像はエレメンタルが生み出されたときに使うトークンです。特徴的なのは、イラスト部分に絵画を使っていることです。左から・・

葛飾北斎: 富嶽十六景
ミュシャ: 秋
真ん中: 不明
アルチンボルド: ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世
アルチンボルド: 冬

真ん中の絵はなんでしょうね・・わかんないです。アルチンボルドの果物で作った顔の絵がおもしろいです。

tokens4.jpg

カードの下に書いてある数字は攻撃力と耐久力用を想定しています。他の用途にも使うことができます。

右端はフェルメールの牛乳を注ぐ女、です。フェルメールの絵で特徴になっている青が、スカートの色に使われています。黄色もフェルメールはよく使われていますね。

tokens5.jpg

ファンタジックな絵がよく使われています。左端から、クリムト、ゴッホの自画像、レンブラント「夜警」です。

tokens6.jpg

イラスト部分は著作権切れのものを使っています。

左から、ダ・ヴィンチの人体図、ギュスターヴ・モロー「ヘラクレスとヒドラ」、ダ・ヴィンチのモナ・リザ。モナ・リザはイリュージョン用のトークンと書いてあります。イリージョンと言えば確かにそうかもしれません。

tokens7.jpg

いろいろな絵が入っていて、見ているだけでもおもしろいですね。MTGはアメリカなどでプレイヤーが結構いるためか、このトークンセットも900万円集まっています。これ単体ではまったく遊べないことを考えると、かなりの額です。

まとめ

お値段は$30+送料$12で、$42(約4,700円)です。フルセットです。集まった合計金額によって、セットに含まれる枚数が決まります。今のところ108枚です。

2016/3/3まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/originalmagicart/classic-art-tokens

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons