手持ちのICカードを複製して遊ぶ。1枚で8枚分に切り替えて使えるカード | ChameleonMini(カメレオンミニ)

admin




ChameleonMini1.jpg

ChameleonMini(カメレオンミニ)は、1枚のカードで、8枚に切り替えて使えるICカードです。実用というより、ホビー用途です。

開発元はドイツです。

使い方

実験に使うのはこの非接触ICカードです。Akafö(アカフェ)という学生組合が発行している、預け金支払い用のカードみたいです。

ChameleonMini2.jpg

これをNFC対応のスマートフォンで読み取らせます。するとカードの中に入っているシリアル番号が表示されました。44:f0・・と表示されています。

ここまでは普通のカードの話です。

ChameleonMini3.jpg

ここでChameleonMiniを取り出します。基板むき出しの無骨なカードですが・・。

ChameleonMini4.jpg

これを読み取らせると・・あら不思議。先ほどと同じシリアル番号が表示されました。44:f0・・という数字です。

つまりさきほどのカードをChameleonMiniにコピーできちゃった(シリアル番号は)、ということです。

ChameleonMini5.jpg

さらにChameleonMiniについてあるボタンを押すと・・・

ChameleonMini6.jpg

今度はシリアル番号が別の番号に変わりました。12:34:56:78・・といういかにもテスト用に入れました、みたいな番号に変わっています。カメレオンみたいにカードの中身を変えられるよ、ということが名前の由来みたいです。

ChameleonMini7.jpg

開発した人の持っている財布。標準的な男性の財布だそうです。

ChameleonMini8.jpg

中からICカードがでるわでるわ・・・8枚ぐらい出てきました。ドイツってそんなにICカードを使うんですかね?

ChameleonMini9.jpg

ChameleonMiniに代用させれば、これ一枚で済んでしまうよ、とのことです。こんないかにも回路基盤です、というものを財布に入れるというのは、おかしな光景ですが(笑)

ChameleonMini10.jpg

財布のダイエットに成功しました。ChameleonMini一枚で8枚のカードを記憶させることができます。

ChameleonMini11.jpg

仕様

ChameleonMiniのファームウェアはGitHubで公開予定とのことです。PCとの接続はUSBです。

対応している規格は、ISO 14443や、NFC規格などです。ISO 14443はSuica(FeliCa)などでも使われている方式です。当然ながらFeliCa自体は暗号化されているため、ChameleonMiniでコピーできないです。

さらに他のICカードを読み取る機能もついています。スマホにICカード読み取り機能がなくても、簡単なリーダーとして使い遊べるようになっています。

まとめ

お値段は€99(約12,600円)です。送料込みです。読み取り機能のない廉価版もあります。

2016/2/27まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1980078555/chameleonmini-a-versatile-nfc-card-emulator-and-mo

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons