リュックで荷物の詰め方で困る…そこで整理するレンコンバッグを使ってみた | Hoboroll(ホボロール)

Hoboroll1 admin




Hoboroll1.JPG

Hoboroll(ホボロール)は、レンコンのように穴が開いたバッグです。GOBI GEARというところが作っています。

リュックは大量の荷物を持ち運ぶのに便利ですが、細かい荷物がごちゃごちゃするという欠点もあります。じゃあ中に仕切りをつけておけばいいんじゃないか?というのがこれです。

Kickstarter

Hoborollは、もともとKickstarterで資金集めが行われていたプロジェクトです。Kickstarterについての説明はこちらをご覧ください。

筆者はKickstarterで見かけて、便利そうだと思いお金を出しました。それが無事届きました。

Hoboroll2.JPG

レンコンみたい

Hoborollは、中がレンコンのように区分けされているところが特徴です。中の小部屋は5つあります。ここにそれぞれものを詰め込めるという仕組みです。

Hoboroll3.JPG

実際に詰め込んでみたところがこちら。一つの小部屋は意外と大きく、2Lのペットボトル1本がまるまる入ります。

どれだけ入るか確かめるために、とりあえず手近なものを入れてみました。ペットボトルを入れたのはそのためです。まあ入るのですが、重いです(笑)

Hoboroll4.JPG

実際に使う場合には水筒、着替え、タオルなど、もっと実用的なものをいれることになります。

Hoboroll5.JPG

実際に詰め込む実演をしてる人もいます。大量の荷物が足元に・・これだけ見ているとHoborollに入るのかあやしいです。

Hoboroll6.JPG

しかしあれよあれよと詰め込んでいくうちに・・

Hoboroll8.JPG

全部きれいにまとまりました。

Hoboroll7.JPG

非常にコンパクト

Hoborollのもう一つの特徴は、非常にコンパクトなことです。下の写真は広げている状態です。結構大きいです。ペットボトルが入るのですから、当然それよりも大きいです。

Hoboroll9.JPG

しかし畳むと文庫本ぐらいの大きさになります。自分で畳んでみたのですが、確かに小さくなりました。届いたときのように戻せない・・なんてことはありませんでした。

Hoboroll10.JPG

Hoborollを畳むための袋も本体に内蔵されています。小さい袋は無くしやすいのですが、本体に縫い付けられているために無くす心配がありません。加えて普段はHoborollの内側にしまえるため、邪魔になりません。下の写真はわかりやすいようにわざと外側に出しています。

こういう細かいところが気が利いているなあと思います。開発者した人自身がアウトドアが好きとのことです。納得です。

hoboroll31

さらに非常に軽いです。重さ97gです。素材はナイロン製でしょうか。しかし頑丈に作ってあり、そう簡単に破れません。ウインドブレーカーよりも頑丈かな、という感じです。

hoboroll30

素材は防水になっており、ある程度濡れても耐えられます。中に文庫本を入れてシャワーをぶっかけてみましたが、本は濡れなかったです。下の写真はシャワーをかけた後です。

Hoboroll11.JPG

ただ両端の部分は縛って口を閉めるという仕組みなので、真横から雨が入ったり、完全に水につかると濡れてしまいます。完璧な防水バッグではないです。

しかし縛って閉める仕組みは壊れにくく、簡単に中の荷物を取り出せます。ファスナーだとレールから外れたりするんですよね・・。縛るのは一長一短ですが、使い勝手は良いです。

Hoboroll13.JPG

Kickstarter特典でストラップもついてきました。

Hoboroll12.JPG

ストラップを使うと、ショルダーバッグみたいに肩からかけることができます。

Hoboroll14.JPG

Hoborollは単体で持ち歩くこともできるし、スーツケースやリュックの中に入れて内袋として使うこともできます。

用途は必ずしもアウトドアに限定されているわけではなく、街中で使っても不自然ではないです。実際に電車に乗ったりもしましたが、違和感はなかったです。筆者の手に入れたものは暗緑色なので、目立たないというのもあると思います。

Hoboroll15.JPG

メリットとデメリット

今までの内容をまとめと、メリットは次の通りです。

・荷物をスッキリ整理できる
・非常に軽い
・非常にコンパクト

リュックよりも遙かに軽い、というのが個人的にはいいと思いました。

逆にデメリットとしては次のものがあります。

・ノートパソコンのような大きなものは入らない

区分けされているので当然の副作用ですね。細長いものは得意ですが、平べったいものは根本的に無理です。

Hoborollは2014年7月にKickstarterでプロジェクトが始まりました。現在は市販されており、日本でも輸入しているところがあります。

A&F COUNTRY ホーボーロール

test

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons