セキュリティカメラがまた登場。アメリカで人気がある背景を犯罪統計から見る Spot(スポット)

admin




Spot20.jpg

Spot(スポット)はたくさんの機能を搭載した自宅用セキュリティカメラです。

個人用のセキュリティシステムは高価でなかなか手が出ませんが、Spot(スポット)なら月額料金が不要です。手軽な価格で利用できます。

なぜ監視カメラなのか?

Kickstarterでは自宅セキュリティ用のカメラが何度も出てきています。

ドア開閉、水漏れなどセンサーてんこ盛りのホームセキュリティ Notion(ノーション)

一台でドア、窓なども監視できる自宅用のセキュリティカメラ、4500万円集める | Angee(アンジー)

などなど・・。いずれも結構な金額を集めています。これらにくわえて市販品もあり、かなりの種類があります。

セキュリティグッズにこれだけ人気があるのは、背景としてアメリカの空き巣の発生率が高い、ということがあるように思います。Kickstarterのユーザーは世界中にいますが、人口や言葉の関係からアメリカ人が多いです。

FBI(アメリカの中央警察)の統計によると、住居オフィス関係(property crime)の犯罪件数は2013年で860万件とあります。

https://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/crime-in-the-u.s/2013/crime-in-the-u.s.-2013/property-crime/property-crime-topic-page/propertycrimemain_final

一方で日本の警察庁による統計では、2013年における侵入犯の認知件数は10万件となっています。

https://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h25hanzaizyousei.pdf

アメリカの人口が日本の約3倍であることを差し引いても、空き巣の発生件数は非常に多いです。確かにセキュリティカメラを置きたくなるのもうなずけます。日米で犯罪の分類やカウントの仕方が違うので、厳密な比較ではありませんが・・。

まあアメリカというより、日本が他の国より安全だ、ってことかもしれません。いいことですが。

使い方

話をSpotに戻します。Spotの設置はガイドに従うだけで簡単に進められ、3分以内に完了します。

spot2-1.jpg

底面のリセットボタンを押すと、ランプが赤色に点滅します。

spot2-2.jpg

アプリからWi-Fi(ワイファイ)のパスワードを入力します。

spot2-3.jpg

成功するとランプが青色に変わり、Spot(スポット)とスマートフォンのリンクが有効になります。

spot2-4.jpg

取り付けは壁掛け、三脚など様々な方法で設置できます。
Spot(スポット)本体の土台も上下左右に調節できます。

spot3.jpg

音声認識機能で特定の音を内臓マイクで拾い、スマートフォンにトラブルの内容を通知できます。
例えば火災報知器やガス報知器の警報音などが認識できます。
スマートフォンを持っていれば自宅の異変を知ることができるので、外出中でも対処することが可能になります。

spot4.jpg

Spot(スポット)のオーディオは、マイクとスピーカーの機能を果たします。
自宅で何が起こっているかを把握するのはもちろん、その場にいる家族やペットあるいは侵入者に対して自分の言葉を伝えることが可能です。
アプリ上のボタンで切り替えて使用します。

spot5.jpg

カメラに映った映像内で不審な動きを察知することができます。
Spot(スポット)が動きに合わせて回転することはありませんが、130°の視野に加え、四倍デジタルズーム対応で約6メートル先の範囲まで有効に撮影できます。
暗視機能もあるので、夜間でもはっきりした映像を撮影できます。

spot6.jpg

また、おまけ機能として低速度撮影が可能です。
アプリ内で開始時刻と終了時刻、写真の撮影頻度を選択するだけで使用できます。
例えば太陽が昇ってから沈むまでの定点観測などを簡単に楽しめます。

spot7.jpg

以上のビデオや音声は記憶媒体に残すことができますので、いつでも確認できます。
無料のクラウドストレージは10秒のビデオが最大30本記録できます。
また、Spot(スポット)本体にマイクロSDカードを挿して記録することも可能です。
マイクロSDカードは別売です。

Spot(スポット)は単体でも動作しますが、iSmartAlerm(アイスマートアラーム)シリーズの製品と連動させることにより、一層セキュリティを強化することもできます。

不法侵入や、許可していないアクティビティを検知した際に、通知やビデオなどを通じて、より詳細な状況を知ることができます。
Spot(スポット)がアクティビティを記録するのと同じ条件で、iSmartAlarm(アイスマートアラーム)の警報を作動させることもできます。

spot8.jpg

その他の仕様は以下の通りです。

・解像度:720px
・アプリ動作環境:iOS6以上、Android 4.0以上

防犯装置を設置する際、警備会社などを通じて申し込むとかなり高価な買い物になってしまいますが、スポット(Spot)は安価なので軽い気持ちで設置できる点が魅力的です。

まとめ

お値段はSpot本体が$69(約8,200円)です。配送はカナダ、アメリカのみ対応しています。

2016/1/18まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/ismartalarm/spot-the-coolest-hd-smart-home-camera-ever

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons